個人で物件所有なら確定申告は青色申告にすべき

5棟10室の事業的規模なら青色申告すべき

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資を始めて

 

物件規模をを徐々に増やしていくと、

 

いずれ5棟10室の事業的規模まで

 

増やせると思います

 

 

 

 

 

 

 

個人所有の物件で

 

事業的規模(5棟10室)になれば

 

確定申告で青色申告

 

使うことができます

 

 

 

 

 

 

青色申告は正直かなり節税効果があり、

 

事業的規模まで大きくできたならば

 

使わない手はないでしょう

 

 

 

 

 

基礎控除65万円が使える

 

青色申告は基礎控除として

 

65万円が使用できるので、

 

手元のお金が減らないのに

 

所得を自動で減らすことができます

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

所得税を低くすることができるので

 

節税になります

 

 

 

 

 

 

白色申告だと基礎控除は10万円なので

 

青色申告は個人で物件を所有する人にとっては、

 

ぜひ有効に使うことで

 

所得税を抑えることができます

 

 

 

家族への給与も経費になる

 

青色申告は個人でありながら、

 

家族へも給与を払うことができます

 

 

 

 

例えば

 

・物件の清掃を手伝ってもらった

 

 

 

 

・レシートの管理など経理関係を手伝ってもらう

 

 

 

・管理会社と電話連絡やメールのやり取りをして賃貸経営を手伝ってもらう

 

 

 

 

賃貸事業に関わることを家族である、

 

配偶者(妻や旦那)、息子、娘、父、母などに

 

手伝ってもらえば家賃収入から給与として

 

お支払いすることができます

 

 

 

 

 

 

この給与は

 

青色専従者給与という

 

経費になります

 

 

 

 

 

つまり、

 

確定申告時には家族への給与相当額が

 

経費になるため節税になるのです

 

 

 

 

 

ただし、

 

働いた実体がないのに

 

経費にすることはできませんので

 

注意してください

 

 

※詳しくは税理士に質問してください

 

 

 

 

 

複式簿記(貸借対照表、損益計算書)が必要

 

青色申告をするには、

 

事前に税務署に事業的規模に

 

なったことを申告するために、

 

青色申告の用紙を提出します

 

 

 

 

 

その後、

 

確定申告時に損益計算書

 

貸借対照表を作成する

 

必要があります

 

 

 

 

 

青色申告は基礎控除65万円など

 

メリットはありますが、同時に手間と

 

専門知識も同時に必要になります

 

 

 

 

 

 

 

これまで、

 

簿記などを習ったことがない人は

 

損益計算書や貸借対照表の

 

作成はできないでしょう

 

 

 

 

 

でも安心してください

 

 

 

 

 

今の時代は

 

クラウドファンディングや会計ソフトを買えば、

 

自分一人でも確定申告することは

 

不可能ではないです

 

 

 

 

申告が不安なら税理士を上手に使うべき

 

自分では確定申告するのが不安なら

 

税理士に申告してもらうのが良いでしょう

 

 

 

 

 

税理士は税金のプロです

 

 

 

 

 

確定申告をお願いすれば、

 

不動産に関する領収書と家賃明細を

 

渡すだけで自動で申告してくれます

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

青色申告に必要な貸借対照表や

 

損益計算書も作ってくれます

 

 

 

 

 

 

 

税理士によっては申告費用は10万円など

 

安く請負ってくれる税理士もたくさんいますので、

 

税理士にお金を払ってでも申告することで、

 

安心して申告することができます

 

 

 

 

 

 

 

確定申告は間違って申告すると大変です

 

 

 

 

 

 

間違って過少申告していると、

 

後に加算税や修正申告するリスクがあります

 

 

 

 

 

 

 

したがって、

 

個人で申告するよりもプロの税理士に

 

お願いする方が実は安く済むかもしれません

 

 

 

 

 

 

自分は税金に詳しくないのであれば、

 

税金に関しては税理士にお願いするのが

 

実は不動産投資では効率が良いと思います

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

相続時精算課税制度を使って不動産投資を始めるべき理由
相続時精算課税制度を利用することで親や祖父母から不動産資金を得ることで不動産投資の自己資金を準備できます。
融資期間が耐用年数を超えている場合の危険性
耐用年数よりも融資期間が長いとデットクロスになる危険性があります
銀行返済よりも減価償却が大きいと債務超過になる危険がある
銀行返済よりも減価償却費が多いと債務超過になって追加融資が厳しくなる
所得税が33%超えたら法人で物件購入した方が良い理由
個人で不動産を購入すると税率ばかりが高くなるので、法人で購入するべき
不動産の家賃収入は貯めておかないと確定申告で税金払えない
家賃収入は毎年確定申告時にまとめて納税のため、毎月お金を貯めておかないと払えなくなる危険性があります
不動産売却時の税金計算は間違いやすいので注意!
不動産を売却すると、利益に応じて税金がはっせいします。ただし、税金の計算方法を間違いやすいので気を付けましょう

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter