不動産の固定資産税を下げる方法

固定資産税を安くする方法

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資をして不動産を所有すると

 

毎年5月ごろに役所から固定資産税の

 

納税書が届きます

 

 

 

 

 

 

固定資産税は金額も高額になるので

 

なるべく安くしたいと思うものです

 

 

 

 

 

 

 

その中で以下の2点に注意することで

 

固定資産税を安くできる可能性があるのです

 

 

役所の計算方法を再度確認する

 

役所によっては固定資産税の

 

計算が間違っていることがあります

 

 

 

 

 

 

全てがコンピュータでできるわけではなく、

 

人間の手が入ることがあるので

 

計算式や数値が違っていることによって、

 

税額を下げれる可能性があります

 

 

 

 

 

役所の仕事は何でも間違いなく、

 

完璧だと思ってしまいがちですが

 

実は人間の仕事である以上は

 

間違ってしまうこともあるのです

 

 

 

 

 

 

したがって、

 

以前の固定資産税の評価証明書を出して

 

数値間違いがないかを

 

確認してみましょう

 

 

 

 

 

評価面積と実測値との違い

 

固定資産税は土地と

 

建物に対して納める税金です

 

 

 

 

 

 

 

土地に関しては土地面積が大きければ

 

税額も多くなる特徴があります

 

 

 

 

 

 

 

土地面積は登記簿の面積と

 

実測の面積は違うことが多々あります

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

固定資産税額を評価するときの

 

土地面積が実際よりも

 

大きい場合があるようです

 

 

 

 

 

その場合、

 

役所に実際の面積は小さいということを

 

指摘することで固定資産税額を

 

下げることができるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

上記2つに該当するかは、

 

可能性としてはかなり低いとは思いますが

 

一度自分で確認してみることで、

 

もしかしたら固定資産税を

 

下げることができる可能性があります

 

 

 

ぜひご参考ください

 

関連ページ

相続時精算課税制度を使って不動産投資を始めるべき理由
相続時精算課税制度を利用することで親や祖父母から不動産資金を得ることで不動産投資の自己資金を準備できます。
融資期間が耐用年数を超えている場合の危険性
耐用年数よりも融資期間が長いとデットクロスになる危険性があります
銀行返済よりも減価償却が大きいと債務超過になる危険がある
銀行返済よりも減価償却費が多いと債務超過になって追加融資が厳しくなる
所得税が33%超えたら法人で物件購入した方が良い理由
個人で不動産を購入すると税率ばかりが高くなるので、法人で購入するべき
不動産の家賃収入は貯めておかないと確定申告で税金払えない
家賃収入は毎年確定申告時にまとめて納税のため、毎月お金を貯めておかないと払えなくなる危険性があります
不動産売却時の税金計算は間違いやすいので注意!
不動産を売却すると、利益に応じて税金がはっせいします。ただし、税金の計算方法を間違いやすいので気を付けましょう
個人で物件所有なら確定申告は青色申告で節税すべき
確定申告は青色申告をすることで節税対策になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter 相談・コンサルティング