家賃を一度でも下げると上げるのは難しい理由

不動産投資で家賃を上げるには賃貸会社の了解が必要

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資をしていて、

 

家賃を下げすぎた時に

 

逆に元に戻そうと家賃を上げるのは

 

かなり難しいです。

 

 

 

 

 

 

その理由は、

 

客つけする不動産会社の営業担当が嫌うからです。

 

 

 

 

 

管理会社を選任で選んで

 

客付けまで依頼している会社があれば、

 

あなたの物件を専属で客付けしてくれます。

 

 

 

 

 

 

つまり一社だけで入居付けをするのです。

 

 

 

 

 

そうなると、

 

入居付けの条件をなるべく緩くする方が

 

入居付けのハードルが下がります。

 

 

 

 

 

一番簡単な条件は家賃を下げることです。

 

 

 

 

 

なので、

 

一度でも家賃を下げてしまう判断をして入居募集すると、

 

その後は家賃を上げるための業者の同意を得ることが難しく、

 

元の家賃に戻すことは困難です。

 

 

 

 

 

 

したがって、

 

空室が長期間ある場合には

 

家賃を下げるのが一番簡単な空室対策にはなるのですが、

 

簡単に下げるのではなく十分に熟考してから

 

決断するようにしてください。

 

 

 

家賃を上げれるかはスーモやアットホームでライバル物件を確認する

 

家賃を下げる前、

 

そして家賃を下げる前には必ず一度はスーム、アットホームなど

 

インターネットでお部屋探しができるサイトを確認してください。

 

 

 

 

 

 

 

スーモやアットホームであれば、

 

今あなたが所有する物件の

 

ライバル物件(築年数、駅からの距離、間取り)などの

 

条件を一瞬で比較することができます。

 

 

 

 

 

賃貸物件は常にライバル物件との戦いです。

 

 

 

 

 

 

条件面であなたの物件が

 

ライバルよりも良ければ入居者から

 

選ばれやすいです。

 

 

 

 

 

 

そのための調査としてスーモやアットホームで

 

検索するとライバルの条件を

 

リサーチすることができるのです。

 

 

 

 

 

ライバル物件が

 

あなたのよりもう家賃を下げているのであれば、

 

あなたの物件も家賃を下げなければならないでしょう。

 

 

 

 

 

逆にライバル物件よりも家賃が低いのであれば

 

家賃はそれ以上下げなくても十分

 

競争していけることがわかります。

 

 

 

 

 

管理会社に家賃の減額を依頼されたとしても、

 

しっかりと自分でリサーチをしておくことで

 

不要な家賃の減額をする必要がなくなります。

 

 

 

 

 

家賃設定は最後は自分で判断するべき

 

不動産投資は物件の所有者はオーナーです。

 

 

 

 

 

つまり、

 

会社で例えれば社長です。

 

 

 

 

 

どんな条件(敷金、礼金、フリーレントなど)で募集するのか、

 

家賃設定をいくらにするのかは全て大家の仕事です。

 

 

 

 

 

 

どんな条件であれば入居付けをできるのかは

 

客付け不動産会社に聞けばわかることもあります。

 

 

 

 

 

 

いろんな条件をリサーチして

 

最後に決めるのは大家ですので、

 

どんなに管理会社に家賃の減額を

 

要求されたとしてもリサーチしてみてすでに十分

 

家賃が安いのであれば提案を却下する

 

必要があります。

 

 

 

 

 

 

何でもかんでも管理会社の言いなりになってしまうと、

 

最終的にはあなたの収入が減ることになりますので、

 

十分注意してください。

 

 

 

 

 

 

管理会社は家賃の減額は全く痛くも痒くもありませんが、

 

大家であるあなたは家賃の減額は

 

非常にダメージを受けることになります。

 

 

 

 

 

一度家賃を下げてしまってから

 

再度家賃を上げようともうと、

 

その後管理会社に対しての入居付けの

 

モチベーションを下げてしまうことに

 

なってしまいます。

 

 

 

 

 

 

一度でも家賃を下げる場合には、

 

その後は家賃を上げることがないように

 

するべきだと思います。

 

 

 

 

ぜひご参考ください

 

 

関連ページ

不動産投資は短期では儲からない理由
不動産投資は短期では儲からないです。バブルのように買って売ってを繰り貸して儲けるのではなく、キャシューフローを積み重ねることで儲かります。
不動産投資で家賃を下げると売却益が大きく減る理由
不動産投資では家賃を減額すると売却額を大きく下げなければならなくなります。家賃を下げると出口の部分で大きな損失になるので注意してください

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter