物件を高値で売却するなら専任契約がおすすめ

業者としてモチベーションが高いのは専任契約

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資を始めて物件を購入すると

 

いずれのタイミングで売却

 

することになるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

売却しようと思った時に

 

不動産業者へ売却依頼をすることになりますが、

 

その時には下記3つの契約方法を

 

選ぶことになります

 

 

 

 

一般契約

 どの業者とも売買契約できる

 

 

専任契約

 自分で一社の業者を選びその業者が買主を見つけてくるか、自分で買主を見つける

 

 

専属専任契約

 自分で一社の業者を選びその業者が買主を見つけてくる、自分でも買主を見つけることはできない

 

 

 

 

業者の立場からすると、

 

専任契約で任せてもらえる方が

 

格段にやる気が上がります

 

 

 

 

 

 

理由は専任契約であれば

 

確実に仲介手数料は発生するし、

 

自社で買主を見つけることができれば

 

仲介手数料は両手取引になり通常の2倍

 

報酬を得ることができます

 

 

 

 

 

逆に一般契約であれば

 

売主にとっては多くの業者と取引できるメリットはありますが、

 

業者としては他のライバル業者に契約を取られる

 

リスクがあるのでやる気が出ないのです

 

 

 

 

 

 

一般契約であれば

 

自社でどんなに広告費を使ったり、

 

人員や時間を費やしたとしても

 

契約に結びつかなければ一円も

 

報酬を得ることができません

 

 

 

 

 

専任契約であれば

 

売主側の元付業者になることができるので、

 

最悪は買主を他の業者が見つけたとしても

 

片手取引は保証されます

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

なるべく物件を売る時には専任契約にして

 

一社自分で選びその業者に

 

売却依頼するのが良いでしょう

 

 

 

 

 

 

3ヶ月で契約できなければ別の業者へ依頼するべき

 

 

物件売却する際には専任契約が良いですが、

 

失敗しないポイントとしては

 

売却依頼する会社選びが大事です

 

 

 

 

 

 

不動産会社によっては

 

集客が強いところと弱いところがあります

 

 

 

 

 

 

専任で売却を任せたとしても

 

集客が弱く自社で買主を見つけることができなければ、

 

売主としては時間を浪費します

 

 

 

 

 

 

物件を売却する際には

 

どの業者であれば買主を見つけてくれるのか、

 

顧客を多く抱えている会社を選ぶべきです

 

 

 

 

 

 

 

ポイントは

 

単に大手の不動産会社であれば良いわけではなく、

 

中小の不動産業者でも

 

コネや売買ルートに強い会社は多いので

 

知り合いの投資家などに聞きながら

 

会社を選んだ方がいいです

 

 

 

 

 

 

 

そして、3ヶ月を解約の期限とし、

 

契約まで進まなければ他の業者と

 

専任契約するのが良いです

 

 

 

 

 

 

ズルズルと売却依頼を任せていても

 

力のない業者であれば

 

時間の無駄になります

 

 

 

 

売却する際には

 

専任契約で3ヶ月任せてみましょう!

 

 

 

ぜひご参考ください

 

関連ページ

不動産投資は短期では儲からない理由
不動産投資は短期では儲からないです。バブルのように買って売ってを繰り貸して儲けるのではなく、キャシューフローを積み重ねることで儲かります。
不動産投資で一度家賃を下げてから上げるのは難しい理由
家賃は一度でも下げるとその後上げるのは非常に難しいので、家賃を減額する場合にはしっかりと調査するようにしましょう
不動産投資で家賃を下げると売却益が大きく減る理由
不動産投資では家賃を減額すると売却額を大きく下げなければならなくなります。家賃を下げると出口の部分で大きな損失になるので注意してください
築古木造を更地売却するなら定期借家契約を使用するべき
築古木造は更地にした方が高値で売却できる可能せいがあります。そのためには定期借家契約で契約するとスムーズに立ち退きができます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter 相談・コンサルティング