冬の寒い日は配管内部が凍って配管破裂し、水漏れになる

配管が凍ると内部膨張する

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

冬場の寒い時期には配管凍りやすく、

 

配管が破裂して水漏れ被害が多くなります

 

 

 

 

 

 

気温がマイナスになる地域であれば、

 

配管内の水が凍ってしまい

 

内部で氷になる際に膨張してしまい

 

配管を破裂させてしまいます

 

 

 

 

 

そのめ、水漏れを起こすのです

 

 

 

 

 

 

特に、

 

築年数が20年や30年と古い建物は

 

配管内が徐々に削れてしまい

 

薄い状態になります

 

 

 

 

 

そのため耐久性が弱くなり

 

少しの内部膨張でも配管に亀裂が

 

入りやすくなるのです

 

 

 

 

 

 

東京などでも毎年冬場には

 

マイナス気温になることがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

多い時では1日で5000件の

 

水漏れ復旧があるようです

 

 

 

 

 

 

大家としてマンションやアパートなど

 

一棟物件を所有する場合には

 

水漏れ被害のリスクがあります

 

 

 

毛布やタオルを配管に巻くべき

 

配管が凍るのは気温がマイナスになる時です

 

 

 

 

 

そして、

 

配管がむき出しになっていることによって

 

風に配管が当たることで内部がより冷えてしまい、

 

凍りやすくなるのです

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

風除けの意味でむき出しの

 

配管があるのであれば

 

毛布やタオルなどで配管を

 

覆いかぶせるのが良いです

 

 

 

 

 

 

タオルを巻くだけでも風よけになります

 

 

 

 

 

風よけができるだけでも

 

配管内部の温度がマイナスに

 

なることを防げるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

もし自分で対策ができないようであれば

 

管理会社に連絡することや、

 

水道会社に連絡すると対策をしてもらえます

 

 

 

 

 

 

 

前もって対策をしておくことで大きな被害を防げるでしょう

 

 

 

 

修繕費用は全て大家負担

 

一棟物件では建物すべてが大家の所有物です

 

 

 

 

そのため、

 

各入居者が使用する配管なども

 

すべて大家の責任で

 

保全する必要があります

 

 

 

 

 

 

もし万が一配管が破裂して水漏れを起こした

 

場合には大家の全額負担で

 

修理費用を支払わなければなりません

 

 

 

 

 

 

 

 

特に老朽化した配管が原因で

 

水漏れをした場合には、

 

保険が適用しない可能性が高いです

 

 

 

 

 

 

通常水漏れは火災保険の

 

対象になることが多いですが、

 

劣化した配管に原因があったりすると

 

対象外になるでしょう

 

 

 

 

 

 

水漏れを起こすと

 

入居者に迷惑をかけるだけでなく、

 

大家にも経済的に負担をかけるので

 

事前の対策をするのが大事だと思います

 

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

【空室対策】部屋の間取りを変えることで人気物件になる!?
物件の間取りを変えると、人気物件になるので満室になりやすいです
不動産投資は物件に看板貸しをすると地代収入も得れる
不動産投資は看板収入も得られます。広告主が見つかれば月に数万円の地代収入も得れるのです

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter