管理会社に修繕発注するよりも自前で業者に発注するべき

管理会社は修繕費が高い

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

不動産投資をして入居者に部屋を貸し出すと

 

退去後に部屋の修繕は必ず発生してきます

 

 

 

 

 

 

その時に多くの大家は

 

管理会社からの見積も通りに

 

そのまま工事発注するのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

ご存知でしょうが、

 

管理会社は工事発注によって

 

多くの利益を得ています

 

 

 

 

 

 

 

本来の工事費用に加えて

 

手数料として大家に管理会社分の

 

利益を上乗せして工事発注します

 

 

 

 

 

 

そのため退去後に

 

安易に管理会社からの工事見積もりを

 

受け入れるのは非常に危険なのです

 

 

 

 

自前の業者なら修繕費用が安い

 

管理会社の工事見積もりが高額なので

 

自分で工事会社を見つけてきて

 

修善発注することで非常に安くすることができます

 

 

 

 

 

 

管理会社が間に挟むことで

 

管理会社の手取り分として

 

中間マージンが発生するのですが、

 

自分で直接業者に発注することで

 

マージンの発生を抑えることができます

 

 

 

 

 

 

そのため原価相当で修繕を行うことができるのです

 

 

 

 

例えば

 

 

換気扇交換費用

 管理会社見積もり4万円 自分で発注2万円

 

 

 

モニターフォンの設置費用

 管理会社見積もり3万5千円 自分で発注2万円

 

 

 

風呂場の電球カバー交換

 管理会社見積もり1万円 自分で発注5千円

 

 

 

管理会社に発注しても

 

自分で発注しても修繕後の

 

品質は同じです

 

 

 

 

 

 

 

それなのにどこに発注するかによって

 

金額が全く異なるのです

 

 

 

 

 

 

 

管理会社に発注することで

 

自分で発注しなくて良いので

 

手間がかからなメリットはあるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

それ以上に高額な金額を

 

支払わなければならないデメリットもあります

 

 

 

3回に一回は管理会社に発注し信頼関係を壊さない

 

不動産を所有して部屋を貸し出すと

 

1物件を長期間保有することになります

 

 

 

 

 

管理会社に修繕を発注することで

 

一回で数万円の高額請求になるかもしれませんが、

 

それが5年10年と長期になることで

 

100万円単位で高額な金額を

 

支払うことになるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

そのため自分で修繕は発注する方が

 

長期間で考えると安く住むことになるのです

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

管理会社としても大家が毎回自分で工事を

 

発注することは気分良くは思わないでしょう

 

 

 

 

 

 

 

管理会社としても修繕によって

 

利益を上げたいと思っているのは

 

間違いないです

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

管理会社と良いビジネス関係を築いていくためにも

 

修繕が必要な時の数回に一回は

 

管理会社に任せるのが良いと思います

 

 

 

 

 

 

 

毎回自分で工事を発注するのではなく、

 

多少は管理会社の利益のためにも

 

大家として売り上げに貢献してあげることで

 

嫌われることなく物件の管理をしてもらえるでしょう

 

 

 

 

 

 

不動産投資は賃貸経営ビジネスです

 

 

 

 

 

管理会社と良好な関係を維持するのも

 

非常に大事になりますので、大家が自分の利益ばかりを

 

求めるのではなく管理会社と持ちつ持たれつの

 

関係を築くべきです

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

【空室対策】部屋の間取りを変えることで人気物件になる!?
物件の間取りを変えると、人気物件になるので満室になりやすいです
不動産投資は物件に看板貸しをすると地代収入も得れる
不動産投資は看板収入も得られます。広告主が見つかれば月に数万円の地代収入も得れるのです
寒い日や雪の日は配管の水漏れに注意!
配管破裂は寒い日に配管内部が凍ってしまい、内部膨張するのが原因です
退去後の設備の修繕は大家が確認するべき!定期交換はダメ!
退去後の修繕は管理会社に任せるのではなく、自分で確認することで経費を削減することができます
宅配ボックスがあると入居者満足度が上がり長期入居になる
宅配ボックスは入居者満足度を上げるのには役立ちます。不在の時に荷物を受け取れるのは入居者としても便利なので長期入居が見込めるでしょう。
不動産の保険には電気的・機械的故障の特約を使うべき?
物件の電気設備は保険に加入することで高額な修理費用を節約することができます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter 相談・コンサルティング