空室リスクは不動産投資で一番のストレス

大家にとってのリスクはとにかく空室

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

 

不動産投資を始めるということは

 

賃貸経営を始めるということです

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり物件購入した後から、

 

貸家業という事業を始めるということです

 

 

 

 

 

 

 

貸家業の基本は

 

入居者に部屋を貸すことです

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、

 

空室が目立つ部屋は

 

はっきり言ってストレスだけを感じます

 

 

 

 

 

 

大家にとっての最大の

 

リスクとストレスは空室です

 

 

 

 

 

 

 

賃貸経営は基本的には

 

銀行融資を受けて物件を購入するわけですから、

 

毎月決まった金額を返済しなければなりません

 

 

 

 

 

 

 

 

返済するための原資は家賃収入です

 

 

 

 

 

 

その家賃収入は入居者が

 

部屋を借りてくれるから

 

お金が入ってくるわけです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、

 

空室になると収入が減るわけなので

 

融資を受けて物件購入した

 

大家としてはかなり心が痛いです

 

 

 

 

 

 

毎月銀行へは絶対に

 

返済をし続けなけれなばならないわけです

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、

 

家賃収入が少なくて返済できるだけの

 

お金がないなら貯金を切り崩してでも

 

返済する必要があるんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、

 

賃貸経営は空室があると

 

かなりプレッシャーと同時に不安と恐怖で

 

夜も眠れない時があります

 

 

 

 

 

 

 

空室は家賃が入らないだけではない、広告費という手出しが必要

 

空室リスクは家賃が

 

入らないだけではないです

 

 

 

 

 

 

空室物件に入居者を入れるにもお

 

金がかかるんです

 

 

 

 

 

つまり、

 

仲介会社さんへ支払う

 

仲介手数料と広告費です

 

 

 

 

 

 

 

合計家賃の2ヶ月は

 

初めに手出しとして発生するのが普通です

 

 

 

 

 

 

空室があるということは、

 

家賃が入らないことに加えて

 

初期費用としてお金が発生するので

 

なるべく早く空室を埋めないと、

 

自分の手元のお金もどんどんと

 

減ってしまいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空室が1ヶ月でもあれば、

 

家賃が発生するのは最低でも

 

3ヶ月からということになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲介手数料と広告費を

 

回収するためにも時間が

 

かかるからです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空室は本気でなるべく

 

早く入居つけするのが非常に大事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためにも、

 

入居付けを依頼している管理会社と

 

一緒になって取り組むことが大事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理会社へは週一回は電話連絡して

 

募集状況や問い合わせ件数などを

 

こまめに聞いてみるが良いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空室は管理会社の力によって

 

決まると言っても言い過ぎではないです、

 

できる限り管理会社に協力しながら

 

入居付けをすることが大事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入前には十分なキャッシュフローがある物件を購入すること

 

空室に悩んでしまう原因は購入前に

 

十分なキャッシュフローが出る物件を

 

購入することです

 

 

 

 

 

 

 

 

アパートやマンションのような収益物件は

 

必ずどこかのタイミングで空室が出ます

 

 

 

 

 

 

 

これはしょうがないことです、

 

入居者が転勤する、新生活が始まる、

 

大学を卒業するなど色んな理由が

 

あるので、空室は必ず出ます

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

購入する前にある程度の空室リスクを

 

見込んで購入しないのが一番良くないです

 

 

 

 

 

 

 

空室が出てもそれだけ耐えられる

 

体力のあるキャッシュフローがあれば、

 

多少空室が出ても余裕で返済できるんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと収支計算をして

 

返済に余裕があるような借り入れを

 

するのが非常に大事です

 

 

 

 

 

 

 

 

物件を買えるから、

 

借り入れできるからと安易に利益の少ない

 

物件を購入するのは良くないです

 

 

 

 

 

 

 

 

空室リスクは大家として一番大きな問題です

 

 

 

 

 

 

 

 

購入前にしっかりと収支計算をすることで

 

十分回避できる問題でもあるので、

 

十分に気をつけてください

 

 

 

 

 

 

 

 

利回りが少しでも高いもの、

 

融資期間を長くする、金利を下げてもらうなどによって

 

キャッシュフローを最大化することは十分に可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入後に空室リスクで悩む前に

 

購入前にしっかりと物件を

 

検討するのが大事です

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

東京でファミリー物件(2LDK、3LDK)の需要はある?
東京でファミリー物件(2LDKや2DK)の需要はあるのでしょうか?
駅近でも入居付けしにくい?東京と名古屋の賃貸需要の違い
東京と名古屋は同じ大都市ですが入居付けに関しては違った特徴があるようです。駅が近いから入居付けがしやすいのは事実とは異なるかもしれません
空室対策にはTVモニターフォンは必須の設備
空室対策にはモニターフォンを付けると入居付けがしやすいです
利回りが高い物件だと入居付け条件に余裕が持てる
利回りが高い物件だと募集条件をライバルよりも有利に行うことができます
空室期間を短くするならペット可能物件にするべき理由
空室期間を短くするならペット可能物件にするのが効果あります。ペット可能物件は通常の物件に比べて差別化ができるメリットがあります。
管理会社から入居付けしてもらいやすい大家になる
空室になったときには管理会社から物件を紹介してもらわなければ、空室を埋めることはできません。そのためには大家としてコミュニケーションを積極的にとるようにするべきです
物件から駅までの距離は実際に現地確認するべき理由
駅から実際に歩いて距離を確認することで徒歩の時間を短くすることができるかもしれません
物件購入時には近くに月極駐車場があるのか確認するべき
所有物件の近くに月極駐車場があると入居付けも比較的楽になる場合がある

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter