東京と名古屋の賃貸需要の違い

東京は駅近が有利

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

東京の23区内に物件を所有する場合、

 

入居者のほとんどの人は移動手段として

 

電車や地下鉄、バスを利用するでしょう。

 

 

 

 

 

 

特に、

 

一般的な部屋の家賃が

 

単身者用(1R、1K)で7万円程度、

 

ファミリー(2LDK、3LDK)で15万円程度であれば

 

車を所有する人はほぼいないです。

 

 

 

 

 

 

家賃を抑えている家庭や単身者にとって

 

東京で車を所有するメリットは

 

ほとんどないからです。

 

 

 

 

 

駐車場代だけでも月に3万円程度するのが普通なので

 

生活費に余裕がない世帯にとっては

 

車は贅沢品でしたかないのです。

 

 

 

 

 

 

そもそも東京であれば車がなくても

 

電車やバスが発達しているので

 

移動に困ることはほとんどないです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

東京(23区内)で不動産を購入する場合には

 

できれば駅に近い物件が競争力が高いのです。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

注意点は高属性の人や収入が多い人が住む家の場合は

 

賃貸でも駐車場がないと入居付けが難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

お金持ちが住むような高額で高級な物件を購入しても

 

家賃に対して購入金額が以上に高いので

 

買っても利益を上げることは難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

大事なのは、

 

一般的な人が住む住宅であれば

 

駐車場がなくても駅に近ければ

 

十分に入居者がつくということです。

 

 

 

 

 

 

 

逆に東京内では車で移動するにも時間がかかるし、

 

外出した時の駐車場費用も

 

1時間駐車するだけで1000円することもあります。

 

 

 

 

 

 

コストが以上にかかるので

 

一般人にとっては車は必要のないものです。

 

 

 

 

 

 

駐車場なくてもいいのでなるべく駅に近い

 

物件を購入することが空室を防ぐ

 

最大の方法だと思います。

 

 

 

 

 

名古屋は駐車場が有利

 

名古屋の場合は東京とは賃貸需要が違います。

 

 

 

 

 

東京は単純に駅に近いことが

 

賃貸付けには有利だと説明しました。

 

 

 

 

 

しかし、

 

名古屋の場合には駅に近いことが

 

必ずしも有利になるわけではないのです。

 

 

 

 

 

 

 

名古屋は全国的にも

 

車の登録台数が非常に多いです。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

一般的に移動をする場合には

 

電車や地下鉄でするわけではないということです。

 

 

 

 

 

 

コンビニに行くにも、

 

スーパーに行くのも歩いて行くわけではなく

 

車で行くのが普通なんです。

 

 

 

 

 

 

 

それは名古屋市の中心街でも同じだと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

中心地から少しでも離れると

 

電車が通っていない地域があったりするので、

 

車で移動するのが普通なのです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

物件を購入する場合でも

 

駅に近いことが必ずしも入居付けに有利になるのではなく、

 

駐車場があることの方が有利になる場合があります。

 

 

 

 

 

これは単身用の部屋(1R、1K)でも

 

駐車場があった方が有利になるようです。

 

 

 

 

 

 

 

東京では考えられないですが、

 

車を移動の足として使用している習慣からも

 

名古屋では駐車場があるのかどうかが

 

重要になることは大事だと思います。

 

 

 

 

 

道路付けも大事な要素

 

名古屋では駐車場がある方が

 

入居付けに有利になる場合がありますが、

 

大事なのは幹線道路との道路付けだったり

 

マンションや戸建てから高速道路が

 

近いかなどの要素もあります。

 

 

 

 

 

 

単純に駐車場があればいいわけではなく、

 

その中でも大通りや幹線道路に近い方が

 

大きなスーパーや買い物に便利なショッピングセンターなどが

 

まとまっているので人気物件になりやすいです。

 

 

 

 

 

 

また、

 

道路付けが悪いと交通量の多い道路から

 

家やマンションに駐車しにくいことや、

 

後ろが渋滞になってしまって迷惑をかける場所に

 

駐車場があるのは人気がないです。

 

 

 

 

 

 

誰だって駐車場の入り口が狭かったり、

 

一方通行の所から入らなければならないと

 

不便としか感じないです。

 

 

 

 

 

 

 

できれば広い道路付けで交通量が

 

少ないのが理想だと思います。

 

 

 

 

 

 

愛知(名古屋)と東京の自動車登録台数の違い

 

東京と愛知(名古屋)は人口で比較すると

 

圧倒的に東京の方が人口が多いです。

 

 

 

 

 

でも車の登録台数で比べると愛知の方が多いんです。

 

 

 

 

 

東京 440万台

 

愛知 520万台

 

2017年調べ

 

 

 

 

人口に圧倒的な差があるのにも関わらず、

 

これだけ車の登録台数に差があるのは

 

生活環境が大きな影響があるのです。

 

 

 

 

 

 

東京は物価も高いし、

 

駐車場代も高いので人口が多くても

 

車を所有できる世帯が少ないんですね。

 

 

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入する際には、

 

東京と名古屋は同じ大都市ですが、

 

入居付けで考えると駅近であれば

 

良いというわけではないのです。

 

 

 

 

 

生活習慣もしっかりとリサーチして

 

どんな需要があるのかを確認するのが大事ですね。

 

 

 

関連ページ

東京でファミリー物件(2LDK、3LDK)の需要はある?
東京でファミリー物件(2LDKや2DK)の需要はあるのでしょうか?
空室対策にはTVモニターフォンは必須の設備
空室対策にはモニターフォンを付けると入居付けがしやすいです

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter