東京でのファミリー物件の需要

東京はファミリーの間取りでも需要がいろいろある

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

東京の物件の場合には

 

ファミリーの間取りでも

 

十分に需要があります。

 

 

 

 

 

家賃が高いので

 

学生同士で共同生活をすることで節約する人もいるし、

 

社会人でも新入社員など

 

お金に余裕がない人であれば

 

友人と一緒に生活するケースもあります。

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

東京は法人も非常に多いので、

 

立ち上げたばかりの会社の事務所として

 

2DKのファミリーの間取り

 

オフィス代わりに使用する人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

東京であれば単身用の部屋だけではなく

 

ファミリーの間取りでも十分に

 

入居付けができると思います。

 

 

 

 

 

 

家族持ちは徐々にマンションや戸建てを購入する

 

ファミリータイプの間取り(2LDKなど)は

 

家族持ちの世帯がほとんどです。

 

 

 

 

 

 

この家族持ちの世帯の特徴として、

 

家賃の額と住宅ローンでマンションや

 

戸建てを購入するのでは月々に支払う金額が

 

大差ない特徴があります。

 

 

 

 

 

 

特に東京だと家賃が高いので、

 

住宅ローンと変わらない金額であれば

 

ローンを組んで家を買う人も多いんです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

ファミリータイプの間取りは

 

投資用としては敬遠されがちです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

実際には東京の中でも立地が良いところは

 

学生も集まるし、法人登記も多いので、

 

会社の物置としてファミリータイプの部屋を借りる人もいるし

 

事務所やシェアハウスとして使用する人も多いです。

 

 

 

 

 

 

地方ではあり得ないので注意

 

ただし、地方物件ではファミリータイプの間取りは

 

学生同士でシェアハウスとして使用されたり、

 

法人の事務所として使用されるケースは少ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

家賃が非常に安いので

 

学生で節約する人でも個人で部屋を借りても

 

非常に安いですし、法人でもマンションの部屋ではなく

 

ビルのフロアでも安く賃貸することが可能なのです。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

地方では家族が住むための物件として

 

ファミリータイプの間取りの投資が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

東京と地方では

 

ファミリータイプの間取りの物件の需要の幅が違うので

 

入居付けを考えるときに、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

関連ページ

駅近でも入居付けしにくい?東京と名古屋の賃貸需要の違い
東京と名古屋は同じ大都市ですが入居付けに関しては違った特徴があるようです。駅が近いから入居付けがしやすいのは事実とは異なるかもしれません
空室対策にはTVモニターフォンは必須の設備
空室対策にはモニターフォンを付けると入居付けがしやすいです

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter