満室経営には単身高齢者を受け入れるべき

高齢化社会なら老人を積極的に受け入れるべき

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資をして部屋を貸し出す場合、

 

高齢者に貸すのは孤独死のリスクなどが

 

あるので貸し出すのをためらうかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

特に1R、1Kなど単身用の部屋で

 

高齢者が一人暮らしの場合には、

 

孤独死があると発見まで

 

時間がかかったりするリスクもあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に10代や20代の若い世代であれば

 

高齢者に比べて孤独死の可能性は低いと

 

感じるため貸し出しのリスクは感じにくいでしょう

 

 

 

 

 

 

 

賃貸経営で満室を維持していくためには

 

今後は積極的に単身の高齢者も

 

受け入れるべきだと思います

 

 

 

 

 

 

今後の日本は少子高齢社会と言われるように

 

人口の大部分が高齢者であり、

 

若い世代の人の割合が非常に少なくなります

 

 

 

 

 

 

つまり単身用の部屋を貸し出す場合、

 

若い世代の入居者を奪い合うことになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、

 

高齢の入居者を排除し若い世代の入居者を

 

多くの大家が奪い合うということは賃貸経営で

 

満室を維持するにはかなり厳しい状況になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単身用の部屋を貸し出す場合には

 

逆に積極的に高齢者を受け入れる姿勢が

 

満室経営をするには重要なのです

 

 

 

 

 

 

多くの大家が孤独死のリスクのため

 

高齢者を受け入れたくないのであれば、

 

逆に積極的に受け入れることで

 

容易に満室を維持できるでしょう

 

 

 

孤独死リスクのため保険に加入する

 

高齢者に部屋を貸し出す場合、

 

孤独死があると部屋のクリーニング費用で

 

多額の出費が発生します

 

 

 

・ニオイが充満するので除臭費用

 

・床が傷んでいる場合には張り替え費用

 

・周りの入居者が退去されるリスク

 

 

 

 

孤独死があることで

 

多くの出費が大家に発生する

 

可能性があります

 

 

 

 

 

 

 

そんな時のために孤独死に関する

 

保険を各保険会社は提供しています

 

 

 

 

 

 

孤独死のクリーニング費用、

 

孤独死後一定期間の家賃保証

 

などです

 

 

 

 

 

 

 

貸し出す前にしっかりと保険に加入しておくことで

 

孤独死が起こった場合でも大家として

 

費用負担する割合を減らせるのです

 

 

 

 

 

 

 

高齢者を入居させる際には

 

保険加入を強制させることで

 

万が一の場合に備えることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の賃貸経営は単身用の間取りに関しては

 

若い世代ばかりではなく、単身の高齢者も

 

積極的に受け入れしないと満室は難しいでしょう

 

 

 

 

 

 

 

そのためには、

 

保険加入は必ず行うべきだと思います

 

ぜひご参考ください

 

 

関連ページ

東京でファミリー物件(2LDK、3LDK)の需要はある?
東京でファミリー物件(2LDKや2DK)の需要はあるのでしょうか?
駅近でも入居付けしにくい?東京と名古屋の賃貸需要の違い
東京と名古屋は同じ大都市ですが入居付けに関しては違った特徴があるようです。駅が近いから入居付けがしやすいのは事実とは異なるかもしれません
空室対策にはTVモニターフォンは必須の設備
空室対策にはモニターフォンを付けると入居付けがしやすいです
利回りが高い物件だと入居付け条件に余裕が持てる
利回りが高い物件だと募集条件をライバルよりも有利に行うことができます
空室期間を短くするならペット可能物件にするべき理由
空室期間を短くするならペット可能物件にするのが効果あります。ペット可能物件は通常の物件に比べて差別化ができるメリットがあります。
管理会社から入居付けしてもらいやすい大家になる
空室になったときには管理会社から物件を紹介してもらわなければ、空室を埋めることはできません。そのためには大家としてコミュニケーションを積極的にとるようにするべきです
物件から駅までの距離は実際に現地確認するべき理由
駅から実際に歩いて距離を確認することで徒歩の時間を短くすることができるかもしれません
物件購入時には近くに月極駐車場があるのか確認するべき
所有物件の近くに月極駐車場があると入居付けも比較的楽になる場合がある
不動産投資の最大のリスクは空室!空室はストレスの原因
空室は大家にとっては最大のリスクであり、ストレスの原因です。少しでも空室を減らすことが賃貸経営では重要です
駐車場付き物件は道路付け、間口が広いところを探すべき
駐車場付き物件は間口が広いところや、道路付けが良く駐車スペースが広いところが当然人気です
物件を社宅や寮として一括貸しするメリット、デメリット
物件を社宅や寮として一括貸しするのは満室になるメリットがありますが、一斉退去というデメリットもあります
広告費やADは時期によって使い分けするべき理由
広告費やADは繁忙期の冬と閑散期の夏では使い分けるのが重要!
ペット可能物件は空室対策になる!?満室も可能に?
築古の物件はペット可能物件にすることで入居率を上げることができます。新築物件は汚れるのが嫌でしょうが築古だとリスクも低いです
大手管理会社の入居付けのメリット
大手管理会社は店舗間のネットワークがあるので幅広く入居者募集をしてくれるメリットがあります
シンプルな間取りの方が入居付けしやすく空室が埋まる?
貸し出す物件はシンプルで家賃を下げてあげることが大事です。防音設備などを入れても家賃が高くなっては入居付けが不利になります
入居付けは繁忙期に集中させ、閑散期には修繕を行うべき
空室対策は繁忙期と閑散期をうまく使い分けてシーズンを通して募集と修繕を同時にしていくべき

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter 相談・コンサルティング