冬場は電源ブレーカーを切らずにオンにしておく

ブレーカーがオンになっていると凍結防止になる

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

冬場の外気温は

 

東京でもマイナスに

 

なることがあります

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

配管内の水が凍り膨張して

 

配管が破裂して水漏れを

 

起こす事象が起きています

 

 

 

 

 

 

 

 

特に空室物件は

 

入居者がいないので水や

 

お湯の使用がないため、

 

常に冷たい状態ですので

 

外気温が冷たいと凍りやすいです

 

 

 

 

 

 

 

そこで大事なのが、

 

空室になっている部屋の

 

電源ブレーカーを常にオン

 

しておくことです

 

 

 

 

 

 

ブレーカーには給湯器が凍るのを

 

防ぐために凍結防止のための

 

電熱線がついています

 

 

 

 

 

 

電熱線は給湯器の配管の温度が

 

3度以下になると自動的に作動して

 

配管の温度がマイナスになるのを防ぎます

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

空室であれば電気代がもったいないからと、

 

ブレーカーをオフにしておくのが普通ですが、

 

冬場に関しては必ず

 

オンの状態にしておくべきです

 

 

 

 

 

 

 

冬場に空室物件を見に行った時に、

 

間違ってブレーカーをオフにして

 

退去するのは注意してください

 

 

 

 

 

給湯器が壊れると高額な請求になる

 

配管の凍結によって

 

給湯器が壊れると

 

多額の出費になります

 

 

 

 

 

 

給湯器は単身者が

 

使用する小さいサイズでも、

 

交換作業を含めると

 

10万円程度します

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

配管の破裂であればさらに請求されるし、

 

水漏れによって床が痛んだり

 

電気設備がダメージを受ければさらに

 

出費が必要になります

 

 

 

 

 

 

 

ブレーカーをオフにした理由で

 

給湯器が凍ってしまった場合、

 

大きな損失になりますのでご注意ください

 

 

 

 

 

※ブレーカーをオンにすれば全ての

 

凍結が防げるというわけでもないので、

 

ご注意ください

 

 

 

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます
更新料をゼロにすると退去理由を未然に防ぐことができる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
入居者が退去する場合は必ず退去理由を確認するべき理由
入居者が退去する時に退去理由を聞くことで、物件に問題がある場合には改善することで余計な退去者を防ぐことができます
管理会社で代理(PM)を選ぶメリット、デメリット
不動産投資では管理会社を代理(プロパティマネジメント)で管理することができます
不動産投資では施設賠償責任保険に加入すべき理由
施設賠償責任保険に加入することで損害賠償費用を保険会社が肩代わりしてくれます
【管理の重要性】ゴミ出しのマナー違反は退去の原因になる!
ゴミ出しのマナーは入居付けに大きく影響します
共有部分の電気は蛍光灯からLEDに変えると節約できる
不動産投資をして物件の共有部分の電気を蛍光灯からLEDにするとかなりの電気代を削減することができます
管理会社の手数料は規模が大きく戸数が増えると下げられる!
管理会社への毎月の手数料を下げてもらえれば収益にかなり影響するので、物件規模を増やしてから交渉するのが良いでしょう
入居申し込み状況を確認するなら、ネット掲載を確認すべき
入居者申し込みを確認するなら、アットホームやスーモのネット掲載を確認すると掲載が消えていることがあります

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter