管理会社の手数料は規模を大きくすると下げてもらえる

管理手数料は5%が一般的

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

 

不動産投資を始めて物件を購入すると、

 

ほぼ間違いなく管理会社に管理運営を

 

お願いするのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

管理会社は入居者の退去時の立会いや、

 

クレーム対応、家賃集金など

 

賃貸経営をするにあたる

 

全般的な業務を委託することができます

 

 

 

 

 

 

そのため、管理料として毎月家賃の5%程度を

 

管理料として大家側が支払うことで

 

管理全般を任せることができるので、

 

大家側としては非常に助かります

 

 

 

 

 

 

 

家賃の5%の管理手数料は

 

それほど高いわけでもなく、どこの管理会社も

 

相場は5%程度です

 

 

 

 

 

 

例えば

 

家賃5万円の部屋を10室あるアパートを所有しているならば

 

家賃は5万円×10部屋=50万円

 

50万円×5%=2万5千円

 

月額2万5千円でクレーム処理や

 

退去立会いなど全てを任せれるのは、

 

大家としてもかなり良い条件だと思います

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

大家の中には自分で全部管理までを行う人もいます

 

 

 

 

 

その場合には管理会社への管理料はゼロになりますが、

 

自分で全ての対応をしなければならないので忙しいし、

 

ノウハウなどもないのでかなり大変です

 

 

 

 

 

 

 

一般的には物件を購入後は

 

管理会社に管理の委託をするのが、

 

通常の流れです

 

 

 

 

 

 

物件規模が大きくなると手数料を下げてもらえる

 

大家によっては、物件を買い増すことで

 

管理戸数が増えてきますので、

 

月々支払う手数料も多くなるため

 

管理会社にとっては上客になります

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

管理料を下げてもらえる交渉材料が

 

出来上がるということです

 

 

 

 

 

 

 

通常は5%の管理手数料であれば、

 

物件規模を増やして管理会社に貢献することで

 

手数料を3%まで下げてもらうことも可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん管理会社によって対応は違いますが、

 

大手のような管理会社であれば

 

大家によって個別に対応してくれるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物件の規模が大きくなることで、

 

管理手数料を下げることができれば

 

収益率も上がるのでかなりお得になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理手数料は固定費なので

 

どうしても毎月発生してくる費用になります

 

 

 

 

 

 

 

少しでも下げることができれば、

 

不動産投資での収益も改善するでしょう

 

 

 

管理料が8%、10%なら高すぎる

 

管理手数料は管理会社によっても違うます

 

 

 

 

8%のところもあるし、10%のところもあります

 

 

 

 

 

 

高い場合にはサブリースだったり、

 

家賃保証がついていることによって

 

高い場合があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家賃保証がついていれば

 

管理手数料が10%でも

 

納得いくかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

特別なサービスがついていないのに

 

管理手数料が高い場合には

 

注意が必要です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無知な大家とか、

 

不動産投資を始めたばかりの初心者などは

 

管理料の相場を知らない場合があります

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時には管理会社に言われるがまま

 

物件の管理をお願いすることになります

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

相場よりも高い管理手数料

 

払ってしまうのです

 

 

 

 

 

 

 

管理会社は相場の手数料を把握して、

 

契約するようにしましょう

 

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます
更新料をゼロにすると退去理由を未然に防ぐことができる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
入居者が退去する場合は必ず退去理由を確認するべき理由
入居者が退去する時に退去理由を聞くことで、物件に問題がある場合には改善することで余計な退去者を防ぐことができます
管理会社で代理(PM)を選ぶメリット、デメリット
不動産投資では管理会社を代理(プロパティマネジメント)で管理することができます
不動産投資では施設賠償責任保険に加入すべき理由
施設賠償責任保険に加入することで損害賠償費用を保険会社が肩代わりしてくれます
【管理の重要性】ゴミ出しのマナー違反は退去の原因になる!
ゴミ出しのマナーは入居付けに大きく影響します
共有部分の電気は蛍光灯からLEDに変えると節約できる
不動産投資をして物件の共有部分の電気を蛍光灯からLEDにするとかなりの電気代を削減することができます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter