施設賠償責任保険は不動産投資をするなら加入すべき

施設賠償責任保険のメリット

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資で1棟物件を購入したら、

 

火災保険、地震保険の加入は

 

必ずするでしょう。

 

 

 

 

 

それに加えて実は

 

施設賠償責任保険に加入するのが

 

非常にオススメです。

 

 

 

 

 

 

日本は地震や火災など自然災害が多いので、

 

火災保険、地震保険加入は当たり前ですが、

 

実は物件を購入すると建物の不備によって

 

入居者や通行人にケガをさせてしまい

 

賠償責任が発生することがあります。

 

 

 

 

例えば

 

外壁が崩れて通行人をケガさせた

 

 

 

 

店舗が入る物件ならシャッターが

 

崩れて入居者や通行人がケガをした

 

 

 

 

雨漏りによって入居者の所有物に被害を与えた

 

 

 

 

このように、

 

自然災害以外の自分の物件によって

 

誰かに被害を与えた場合には

 

賠償責任が発生することがあります。

 

 

 

 

 

そんな時に有効なのが施設賠償責任保険です。

 

 

 

 

 

施設賠償責任保険であれば

 

賠償責任が発生する事象が起こっても

 

保険会社が変わりに保険で

 

カバーしてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

大型のマンションや

 

店舗が入る物件をお持ちであれば、

 

入居者にケガをさせる可能性もあるでしょう。

 

 

 

 

 

そんな賠償責任時のリスク回避のためにも

 

施設賠償責任保険は有効に活用することで、

 

万が一の時の賠償金を低く抑えることができます。

 

 

 

 

施設賠償責任保険の保険料は安い

 

火災保険や地震保険は年間で数万円程度です。

 

 

 

 

それを5年、10年と一括で支払います。

 

 

 

 

そのため金額は一括で払うと数十万円になります。

 

 

 

 

しかし、

 

施設賠償責任保険はかなり安いです。

 

 

 

 

もちろん物件の面積や

 

大きさによっても金額は変わりますが、

 

私が所有する一棟マンションでは

 

年間で3000円程度です。

 

 

 

 

 

 

年間で3000円であれば10年間でも3万円です。

 

 

 

 

 

万が一事故などで

 

賠償金を払わなければならないことに比べると、

 

施設賠償責任保険の

 

費用対効果は非常に高いと思います。

 

 

 

 

 

地震保険や火災保険ほど高額ではないので、

 

人通りの多い場所に物件を持っていたり、

 

店舗があって人が多いなら加入するのが

 

良いかもしれませんね。

 

 

 

ぜひご参考ください

 

 

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます
更新料をゼロにすると退去理由を未然に防ぐことができる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
入居者が退去する場合は必ず退去理由を確認するべき理由
入居者が退去する時に退去理由を聞くことで、物件に問題がある場合には改善することで余計な退去者を防ぐことができます
管理会社で代理(PM)を選ぶメリット、デメリット
不動産投資では管理会社を代理(プロパティマネジメント)で管理することができます
【管理の重要性】ゴミ出しのマナー違反は退去の原因になる!
ゴミ出しのマナーは入居付けに大きく影響します

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter