入居者が退去する時には退去理由を聞くべき

退去理由の確認によって不要な退去を防げる

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資をして物件を所有すると、

 

必ず退去と入居を繰り返していきます。

 

 

 

 

 

退去が出るたびに入居付けを繰り返すのが

 

物件購入後の大家の仕事です。

 

 

 

 

 

その退去ですが、

 

退去理由は必ず確認した方が良いです。

 

 

 

 

 

通常の入居者であれば退去理由は、

 

結婚などの新生活による引っ越し、

 

大学卒業で新社会人になるので引っ越し、

 

会社の転勤などが一般的です。

 

 

 

 

 

 

つまり、生活スタイルが変わるので、

 

引越ししなければならなくなる場合です。

 

 

 

 

しかし、

 

入居者によっては退去の理由が

 

物件に問題があるために退去する場合があります。

 

 

 

 

 

例えば以下の場合です。

 

・物件の家賃が周りに比べて高すぎる

 

 

・隣の入居者がうるさい

 

 

・ゴミ捨て場が汚いので不快感を感じる

 

 

 

 

 

 

これらの理由は入居者には

 

何も問題なく全て大家側で

 

改善できるものです。

 

 

 

 

 

 

 

物件に理由があることで

 

退去されることほど無駄なものはありません。

 

 

 

 

 

 

退去されるということは家賃が入らないし、

 

退去後の修繕や広告費など多くの出費が

 

大家には発生します。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

入居者が退去する場合には

 

必ず退去理由は確認しておくべきです。

 

 

 

 

物件の不満で退去される理由

 

例えば、

 

隣の入居者がうるさくて退去される場合、

 

管理会社に隣のうるさい人に注意してもらうことで、

 

次に入居してくる人に対しては同じ理由で

 

退去されるのを防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

でも退去理由をしっかりと確認しておかないと

 

同じ理由で退去される可能性があるのです。

 

 

 

 

 

物件に原因があるなら必ず管理会社と一緒になって

 

退去の原因を解決するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

もし家賃が高すぎるのであれば、

 

次の入居募集条件で家賃を少し下げることで

 

満足して入居してもらえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

いずれの場合でも大家側の理由で

 

退去が発生するなら全力で改善することで、

 

本来退去されるべきでなかった余計な

 

退去を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸経営はとにかく一度入居した人に

 

なるべく長く住んでもらうことが、

 

収益を最大化することができます。

 

 

 

 

 

空室期間が長くなるほど収益は悪化するし、

 

入居付けの際の費用も

 

積み重なっていきますので注意してください。

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます
更新料をゼロにすると退去理由を未然に防ぐことができる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
管理会社で代理(PM)を選ぶメリット、デメリット
不動産投資では管理会社を代理(プロパティマネジメント)で管理することができます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter