家賃の更新料は退去の理由になる

2年に一回の更新料は入居者にとって負担でしかない

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資をして部屋を入居者に貸すと、

 

2年に一度更新料の支払いが発生します。

 

 

 

 

 

 

 

更新料は管理会社によって

 

金額に違いはあるでしょうが、

 

私が任せている管理会社の場合は

 

家賃の1ヶ月分の支払いです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

契約後2年目の更新月に関しては、

 

入居者にとっては家賃+更新料

 

お財布に痛みが伴います。

 

 

 

 

 

 

 

もともとの契約が2年間の普通借家契約のため、

 

2年ごとに更新を行う必要があるのは当然なのですが、

 

そのための費用が家賃の1ヶ月分かかるのは

 

入居者から好まれるわけはありません。

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

管理会社としても更新のための契約書の作成や

 

手続き的な作業が発生することからも

 

更新料を頂くというのが一般的なようです。

 

 

 

 

 

 

大家として一度管理会社に対して、

 

更新料を無料でやって欲しいと

 

お願いしてみましたが、断られました。

 

 

 

 

 

おそらく管理会社にとっても更新料は

 

収入源の一つと考えてると思います。

 

 

 

 

 

 

だって元々の契約書をそのまま

 

使い回せばいいだけですので、

 

作業的なことはほとんど

 

無いに等しいからです。

 

 

 

 

更新料発生は退去の理由になる

 

入居者にとっては

 

更新料の負担はかなり痛いです。

 

 

 

 

そのため、

 

更新料を払うくらいなら

 

新しいところに引っ越そうと考える人もいます。

 

 

 

 

・もっと新しい物件に住もう

 

 

・設備が整ったところに住もう

 

 

・セキュリティが安全なっところに住もう

 

 

 

 

引っ越す理由は考えればたくさん見つかります。

 

 

 

 

そのため、

 

更新月が近づくと退去される

 

リスクが高まるので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

もし入居者側から家賃の減額などの

 

交渉が入った場合にはなるべく

 

受け入れたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

「家賃を1000円下げる代わりにあと1年は最低住んでください」

 

 

 

 

 

もし一年以内で退去したら

 

違約金が発生すると約束することで、

 

少しでも入居者に長く住んでもらうことが

 

できるようになります。

 

 

 

 

 

 

もし更新料を理由に退去されてしまうと、

 

その後家賃が入ってこなくなりますし、

 

退去に伴う修繕費や入居付け費用なども発生するので

 

大家側としては家賃を減額しても長く住んでもらった方が

 

メリットがあると思います。

 

 

 

大家側でできること

 

大家側ができる対策としては、

 

自分が受け取る更新料(家賃の半額)を

 

受け取らない代わりに、

 

入居者が負担する金額も

 

家賃の半額にすることです。

 

 

 

 

 

管理会社は更新料の半額は

 

絶対に受け取りますから、大家側で痛みを

 

被ることで入居者側の負担を

 

軽くすることができると思います。

 

 

 

 

 

 

 

もしくは、

 

入居者の代わりに大家側で

 

管理会社に家賃の半額の更新料を

 

支払ってあげることです。

 

 

 

 

 

 

 

そうすることで入居者にとっては

 

実質負担ゼロで更新してもらうことが

 

できます。

 

 

 

 

 

 

トータルで考えると更新を理由に

 

退去されるくらいなら家賃の半額を払ってあげても、

 

大きなメリットがあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

退去に伴う大家の出費は

 

かなり大きな額になるので、少しでも傷口を

 

浅くするなら大家側で負担が

 

ベストな選択だと思います。

 

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます
入居者が退去する場合は必ず退去理由を確認するべき理由
入居者が退去する時に退去理由を聞くことで、物件に問題がある場合には改善することで余計な退去者を防ぐことができます
管理会社で代理(PM)を選ぶメリット、デメリット
不動産投資では管理会社を代理(プロパティマネジメント)で管理することができます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter