家賃滞納者には内容証明を送ると効果的

家賃滞納は常習化する

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入すると

 

少なからず家賃滞納者が出てきます。

 

 

 

 

 

 

理由は金銭的な理由もあるし、

 

単純に振込を忘れやすい性格という

 

理由もあります。

 

 

 

 

 

 

 

でも注意するべきは、

 

滞納をした人に対して

 

大家側ですぐに家賃の催促の対応しないと

 

入居者側は調子に乗って

 

滞納を常習化することがあります。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

一日でも滞納があったら

 

すぐに管理会社に連絡し、

 

入居者に連絡をしてもらうのが良いです。

 

 

 

 

 

 

家賃の滞納は常習化しやすく、

 

滞納が積み重なることで

 

お金を払いきれないくなることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

そうなると長期間にわたって

 

少しずつ家賃を払ってもらうことになるので、

 

大家としてもストレスを抱えるし、

 

管理会社としても対応が大変になるので

 

誰も得することはないです。

 

 

 

 

 

 

賃貸経営では滞納されると

 

かなり嫌な気分になるので、

 

傷が浅いうちになるべく早く対応するのが

 

傷口を深くする前に大事だと思います

 

 

 

 

 

内容証明を使って法的措置を伝える

 

私が経験した滞納は最長で4ヶ月間でした。

 

 

 

 

 

4ヶ月も滞納されると

 

月々の家賃だけでも大変なので、

 

一気に全額返済してもらうことはできなくなります。

 

 

 

 

 

つまり、

 

一度退去してもらってその後、

 

送金をコツコツとしてもらうことになります。

 

 

 

 

 

 

滞納者を長期間入居させておいては

 

家賃が入ってこないので、

 

大家としては退去してもらった方がメリットがあるんです。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

退去した後に毎月未払いの家賃を振り込んでもらいます。

 

 

 

 

 

しかし、

 

滞納者と約束してもなかなか

 

期日までには払ってもらえません。

 

 

 

 

 

 

そんなときに効果がある方法として、

 

内容証明書を送るのです。

 

 

>>詳しい内容証明について

 

 

 

 

 

 

 

内容証明書とは

 

郵便局で別途手数料(1300円程度)を支払うことで、

 

配達先の受取人が受け取ったこと

 

とどんな内容が書いてあるのかを

 

郵便局が履歴を残すものです。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

家賃を払って欲しいという文章を

 

内容証明書で送ると、

 

郵便局側でも文書のコピーを取り保管

 

してくれているのです。

 

 

 

 

 

 

 

従って、

 

滞納者である受取人は文章の手紙を

 

受け取っていないと否定しても、

 

完全に履歴に残るのです。

 

 

 

 

 

 

さらには内容証明の中身を次振込しなければ、

 

裁判所での法的措置も取るというような

 

厳しい内容で書くと、受取人にはかなり

 

精神的に強いショックを与えられるので、

 

滞納の問題解決には強い効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

私自身も、

 

管理会社さん経由で

 

内容証明書を送ってもらったことがありますが、

 

これまでずっと家賃を振り込むのを拒んでいた

 

元入居者ですが、その後は未払い家賃を

 

全額振り込んでもらえました。

 

 

 

 

 

 

 

管理会社さんが言うには、

 

内容証明は最初から使うものではなく

 

ずっと払わないような人に対して

 

最後の手段として使うと言っていました。

 

 

 

 

 

 

最初から内容証明書はあまりにも厳しすぎるので、

 

できる限り管理会社さんも使いたくない手段でしょうが、

 

どうしても約束したお金を払ってもらえない

 

滞納者に対しては必要な処置なのだと思いました。

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter