洗濯機が外にあると女性の入居者が付かない

洗濯機が外だと女性は住みたがらない

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入する場合、

 

築年数が30年程度経っている物件だと

 

洗濯機が外に設置

 

されているケースがあります。

 

 

 

 

 

 

最近の物件ではほとんどないですが、

 

昭和築年に多いイメージです。

 

 

 

 

 

昔は洗濯機が外にあるケースは珍しくないのですが、

 

現在ではほとんど室内にある場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

女性の入居者にとっては

 

洗濯機が外だとまず住みたがらないです。

 

 

 

 

 

下着泥棒のリスクのように

 

女性にとっては自分の洗濯物を外に置いておくことが

 

嫌だからです。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

洗濯機が外にある物件を購入すると

 

入居つけできるターゲットは男性がメインになるので、

 

入居者が非常に狭くなるデメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

物件によっては女性でも2階、3階であれば

 

ベランダに洗濯機があったとしても

 

家賃さえ下げてあげれば入居者がつくケースもあります。

 

 

 

 

 

 

しかし1階で外に洗濯機があれば

 

女性はまず入居しないでしょう。

 

 

 

 

 

 

私が所有する物件でも、

 

2階部分と3階部分のベランダ部分に

 

洗濯機がある物件がありますが、

 

女性も借りてもらっています。

 

 

 

 

 

洗濯機が外はデメリットだらけ

 

洗濯機を外に置くことで女性以外にも敬遠されます。

 

・冬は寒いし夏は暑い
(選択のたびに外に出なければならないので、季節によってはかなりしんどい)

 

 

 

・洗濯機が汚れる
(新品で買った洗濯機が雨風で汚れてしまうデメリットがあります。次引っ越す場合、汚れているので買い換える必要があります)

 

 

 

・故障のリスク
(雨風で電線部分が弱くなり、故障しやすくなるのです)

 

 

 

 

洗濯機が外の場合には

 

入居者にとっては何一つメリットがありません。

 

 

 

 

 

 

最近の物件で非常に狭い間取りの物件でも、

 

ほぼ100%洗濯機は室内に設置されています。

 

 

 

 

 

 

それだけ入居者に求められていないのでしょう。

 

 

 

 

 

時代によって

 

入居者の求める設備は違ってきますので、

 

あわせる必要もあるのです。

 

 

 

 

修繕も視野に入れるのがベストか

 

洗濯機が外にある場合、

 

予算的に余裕があれば

 

室内に埋設するような修繕を計画しても

 

良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

修繕費用もおそらくは

 

20万円程度でできると思われます。

 

 

 

 

 

ただし、

 

残念ながら家賃を上げることは

 

非常に難しいでしょうが、

 

入居付けはぐんとしやすくなると思います。

 

 

 

 

 

 

洗濯機が室内にあるのはエアコン設備が一般的なくらい

 

当たり前だと思うので、

 

家賃まではあげられないでしょうが、

 

今後将来にわたって

 

入居付けはしやすくなるメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

もし、

 

今後も10年、15年と物件を所有するのであれば

 

早期に修繕を行ってしまうのもアリかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

数年後に売却を検討していたり手放す予定であれば

 

高額な修繕をしてまでのメリットはないでしょう。

 

 

 

 

 

 

利益優先の賃貸業であればなるべく

 

修繕は行わずにキャッシュフローを

 

最大化するのが大事だと思います。

 

 

 

 

利回りや収益が良く、入居付けに自信があれば購入もOK

 

洗濯機が外にある物件は

 

昭和築の物件に多いです。

 

 

 

 

 

 

昭和築物件は築年数が古いために、

 

利回りが高いメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

私のように利益を求める投資家にとっては

 

どうしても購入したい物件が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

一方で洗濯機が外にあったり、

 

3点ユニットバスなど入居付けに

 

苦戦する設備が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

購入する物件は人それぞれ好みが分かれますが、

 

利益優先で考えれば築古で古い設備の物件でも

 

利益が出れば購入しても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

入居付けがしっかりとできなければ

 

利回りを高い物件を購入しても利益は残りませんので、

 

空室対策に自信がある場合を除いては

 

購入はしないほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

入居付けに自信があれば

 

ぜひ洗濯機が外のような古い設備の物件でも

 

積極的に増やすことで、

 

キャッシュフローを貯めれると思います。

 

 

 

 

ぜひご参考ください

 

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter