水道料金が大家負担の物件は注意

古い物件は水道メーターが一つしかないことがある

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

築年数が30年の古い物件や昭和築の物件は

 

一棟物件を購入すると、水道メーターが

 

大家側で一つしかついていないケースがあります。

 

 

 

 

 

各入居者さんへの水道料金を

 

大家が一括して水道局に支払う仕組みです。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

大家さんは各入居者さんから

 

家賃とは別に水道料金を徴収しています。

 

 

 

 

 

 

各入居者さんにとっては

 

水道料金は定額なので、

 

使い放題になっています。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

毎日お風呂に入ったりする人にとって

 

はかなりお得です。

 

 

 

 

 

 

でも大家にとっては水道料金は使用したぶんは

 

全て加算されますので、費用的には

 

かなり負担になるんです。

 

 

 

 

水道局に交渉すると業務量に変更してもらえる

 

私が一棟物件を購入した時には

 

築年数が古いため大家側で

 

水道料金を払うシステムでした。

 

 

 

 

 

水道料金は通常2ヶ月に一回し払うシステムです。

 

 

 

 

 

 

それでも2ヶ月で7万円以上の費用になっていました。

 

 

 

 

 

水道量金が7万円ってかなり驚きます。

 

 

 

 

 

家賃を貯めてきたのが一気に吹っ飛ぶイメージです。

 

 

 

 

 

そんなこともあって、

 

水道局にもう少し安くしてくれないかと交渉したところ、

 

家庭用から業務用に変更してくれると言われました。

 

 

 

 

 

 

 

各市町村の水道局によって

 

水道料金の計算方法は違うと思いますが、

 

家庭用と業務用というものがあることを知りました。

 

 

 

 

 

そして、

 

私は各入居者さんの分も支払っていること、

 

事業として賃貸業を行なっているということで

 

水道料金の支払い方法を家庭用の計算方法から

 

業務用の計算方法に変えてもらえました。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

水道料金を4万円まで減らすことができたんです。

 

 

 

 

 

 

 

4万円でも高い気がしますが、

 

7万円に比べれば家賃の手残りも

 

残りやすくなるので自分としては納得しています。

 

 

 

 

 

 

もし一棟物件を購入検討していて、

 

大家負担で水道料金を払っているならば

 

水道局に交渉してみるのがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

余談ですが、

 

当初は各入居者さんに別途水道メーターを作って

 

個別で水道料金を支払ってもらおうと思いました。

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

別途でメーターを付けると各世帯で

 

10万円程度の費用がかかるということで諦めました。

 

 

 

 

 

 

それだけの費用を使って各入居者さんに

 

水道料金を支払ってもらってもメーター費用を

 

回収することは到底できませんので、

 

費用対効果を考えて私は諦めました。

 

 

 

 

 

購入前には必ず詳細なランニングコストを確認すること

 

私は大家負担の水道メーターの物件を購入する前に、

 

しっかりとランニングコストに何があるのか

 

確認してませんでした。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

購入後に大家負担で水道料金を払うことを知ったのです。

 

 

 

 

 

その時の衝撃はかなりのショックでした。

 

 

 

 

 

毎月の家賃が水道料金で思いっきり吹っ飛ぶからです。

 

 

 

 

 

 

購入後に不動産会社に文句を言っても

 

何もならないことは知っていたので、

 

文句言わずに受け入れましたが、

 

購入前に確認しなかった私が全て悪いんです。

 

 

 

 

 

 

この経験から私は物件を購入する時には

 

細かくランニングコストに何がかかるのか

 

確認しようと思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

結局は利回りが高くても水道料金のように

 

ランニングコストが高ければ毎月のて残りも少なくなるので、

 

結局は利回りの低い物件を購入しているのと

 

同じになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

今後築年数の古い物件を購入する場合には、

 

水道料金は大家負担になっている場合が

 

ありますのでぜひご注意ください。

 

 

 

 

 

私のように購入後に事実が発覚すると

 

かなりのショックを受けますので、

 

しっかりと確認するのをおすすめします。

 

 

 

関連ページ

物件購入後に仲介業者の薦めで管理会社を選ぶのは危険
物件購入後に仲介会社の紹介で管理を任せるのは危険です
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter