仲介会社の紹介で管理会社を選ぶのは危険

どこの管理会社も自社で管理物件を増やしたい

 

 

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入した後

 

どこかの管理会社に物件の管理を

 

委託するのが一般的です。

 

 

 

 

 

 

空室時の入居付けや入居者のクレーム対応まで

 

管理会社にやってもらえるので、

 

良い管理会社を選ぶことが不動産投資で

 

成功するためには必要だと思います。

 

 

 

 

 

管理会社にとっては物件を管理できる戸数が

 

増えれば増えるほど毎月管理料が

 

発生するので収入も増えます。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

どの管理会社も自社で物件の管理戸数を

 

増やそうと努力をしています。

 

 

 

 

 

 

不動産を購入する際に仲介してくれた業者で

 

管理も行なっている場合にはもしかしたら、

 

購入後に管理をお願いされるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

そうすることで、

 

業者にとっても購入後の手数料と同時に

 

管理料も毎月発生するので

 

非常に利益を上げることができるからです。

 

 

 

 

 

また、

 

管理を行っていない業者があったとしても

 

知り合いの管理会社を紹介したりする

 

ケースがあります。

 

 

 

 

 

物件を購入した投資家にとって

 

本当にその後利益が残らないことや、

 

空室対策が弱いだろう管理会社を

 

紹介することも普通にあるので

 

非常に怖いです

 

 

 

営業担当にバックマージンや利益が流れている

 

実は、

 

物件を仲介してくれた不動産会社の営業担当者と

 

管理会社が裏で繋がっているケースが一部あります。

 

 

 

 

 

 

物件購入後に投資家を紹介することで

 

裏でバックマージンをやりとりしている

 

可能性があるのです。

 

 

 

 

 

 

管理会社にとっては一戸でも多く部屋を管理したいはずです。

 

 

 

 

 

そのため、

 

営業担当者と繋がっていて

 

投資家を紹介しては管理物件を増やすのです。

 

 

 

 

 

 

従って、

 

投資家にとっては本当に最善の管理会社かどうかは

 

わかりませんので、かなりリスクがあります。

 

 

 

 

 

物件購入後に管理会社を仲介業者から紹介されたとしても

 

簡単に決めてしまうのは非常に危険ですので

 

注意してください。

 

 

 

 

購入前に管理会社を選んでおくべき

 

物件購入した投資家としては

 

購入する前から目星のある管理会社を

 

選んでおく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

物件購入する段階になると

 

銀行へ訪問したり忙しくなるのですが、

 

購入後のことも考えると同時並行で

 

管理会社を選んでおく必要もあるのです。

 

 

 

 

 

ついつい購入することばかり頭の中にあるのですが、

 

購入後のことも考えると買付証明書を入れた段階くらいで

 

管理をどこに任せるのかを考えておくのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

メンドくさい投資家は仲介業者から紹介してもらう管理会社を

 

選んでしまいがちですが、購入後の修繕費、

 

入居付けまでの期間、クレーム対応など

 

管理会社によって良し悪しが全く違います。

 

 

 

 

 

購入後にいかに上手に管理していくこと、

 

コストを抑えて管理していくことが

 

不動産賃貸業で成功する秘訣だと思います。

 

 

 

 

 

 

物件購入すると同時に

 

管理会社も慎重に選ぶようにするのが

 

これから不動産投資を行なっていく中では

 

非常に大事だと思います。

 

 

関連ページ

物件の水道料金は大家負担になっていることがあるので注意
不動産投資では築年数が古い物件の水道料金は大家負担になっているので注意しましょう
所有する物件の傘や私物は早い段階で注意するのが良い
不動産投資では物件する物件の傘や私物がある場合には注意するのが大事
賃貸物件で洗濯機が外の場合は入居付けが厳しい?
選択置き場が外にある場合は入居付けが難しいです。特に女性には人気がありません。
不動産投資は保証会社加入で家賃滞納を防げる
投資家タケが考える不動産投資に関する情報を発信します。
家賃滞納されたら内容証明によって法的措置を伝えるべき理由
家賃滞納は内容証明を来ると滞納者は精神的ショックを受けてすぐに家賃を払ってくれます

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter