法人名義で物件購入するなら登記する場所が重要

支店が集まる地域の方が銀行融資は有利

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

法人で物件を購入する場合、

 

どこで法人登記するのかは

 

今後の物件拡大・融資拡大するには

 

大事なポイントです

 

 

 

 

 

 

 

 

法人登記は人間でいう住民票と同じなので、

 

登記する場所によって使える

 

金融機関が違ってきます

 

 

 

例えば

 

東京のA銀行は港区の法人へは融資するけど、

 

葛飾区の法人へは融資しないなど

 

 

 

 

 

 

個人であれあば横浜市に住民票がある人は

 

地元横浜の地銀とは取引できるけど、

 

北海道の地銀とは取引できませんね

 

 

 

 

 

 

 

そのため

 

東京であれば港区・中央区など地方からも

 

金融機関がたくさん集まる区で登記すれば、

 

たくさんの金融機関と取引できる

 

可能性が上がります

 

 

 

 

 

 

 

 

登記費用や税金が高くても、

 

金融機関が多く集まる地域で

 

登記し物件まで購入できれば、

 

高額な経費は簡単にペイオフすることは

 

可能だと思います

 

 

 

 

 

 

 

東京であれば足立区のように港区と比べれば

 

金融機関の数が少ない場合、

 

単純に取引できる銀行数が減るので

 

融資を得るには不利でしょう

 

 

 

 

 

 

 

このように同じ東京23区でも

 

登記する区の場所によっては、

 

金融機関の取引範囲が線引きされるので、

 

どこで登記するのかは非常に大事なのです

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

単純に金融機関が多いから有利ではく、

 

実際に多くの金融機関と取引できそうなのかを

 

あらかじめ考えておくのが重要です

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に法人登記したけど、

 

過去の賃貸経営の実績がないので

 

融資の土台に乗らない、自己資金が多くないと

 

融資が困難な銀行などもあるので、

 

登記前に融資実行してもらえそうな

 

銀行があるのかを調査しておくべきです

 

 

 

 

 

同じ銀行でも支店によって融資への積極性が違う

 

東京には同じA銀行でも

 

いろんな場所に支店があります

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

東京23区にあるA銀行でも

 

支店ごとに融資への積極度が違います

 

 

 

 

 

 

また担当者によっても

 

不動産への融資の積極性は異なるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、

 

法人登記する前に積極性な

 

支店を調査しておくべきです

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

A銀行は東京であれば

 

金融機関が多く集まる港区ではなく、

 

実は足立区の〇〇支店の方が

 

融資に積極的な場合があります

 

 

 

 

 

 

 

単純に金融機関が多い地区が

 

有利とは言えないでしょう

 

 

 

 

 

登記する場所は銀行から先に考える

 

法人融資は登記場所によって

 

銀行融資の土台にすら

 

乗らない場合があるので、

 

最初の登記する場所は重要です

 

 

 

 

 

 

 

 

戦略的に考えておくべきで、

 

自分はどの銀行なら融資の可能性があるのか、

 

どこが積極的なのかを調査しておくべきです

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産業者の担当者が詳しい場合があるので、

 

不動産投資家が自分で銀行開拓する

 

必要はないと思いますが、

 

付き合う業者は慎重に選びましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッタリばかりで知ったかぶる不動産業者も多く、

 

実は融資に詳しくないけど、

 

詳しいふりをする業者も多いので

 

注意してください

 

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ、

 

金融機関が多く集まる地域で

 

登記するのは有利でしょうが、

 

実際に融資を受けれそうなのかを

 

あらかじめ調査してから登記した方がいいです

 

 

 

 

ぜひご参考ください

 

 

関連ページ

銀行融資が付くからと賃貸経営は安全というわけではない
銀行鵜融資が付くからと安定経営できるわけではないです。融資が付くと不動産投資で成功できるのは関係ないです。
新築木造物件は劣化等級2級取得で融資期間30年になる?
劣化等級2級を取得すると融資期間が30年になる銀行があります
不動産融資は融資に積極的な支店選びが重要な理由
融資を受ける銀行は支店選びが重要です
2018年の不動産投資でオーバーローンは不可能になる?
不動産に対して銀行評価が出にくい物件が多いのでオーバーローンで物件を購入するのは難しくなります
同じ年収だと地方在住、首都圏在住かで銀行融資に影響する
年収が同じなら住んでいる地域によって銀行融資が受けやすくなったり、受けにくくなります
銀行融資は借り入れする銀行の順番によって拡大に差が出る
銀行融資は融資を受ける銀行の順番を間違うといずれ融資がストップするリスクがあります
不動産価格が下がるタイミングは金利が上がる時!?
不動産の価格が下がるタイミングは金利が上がるときです。融資が厳しくなっても売主は強気のままです

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter