銀行融資は取引する支店選びが重要な理由

支店によって不動産への融資割合が違う

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入する際に

 

大事なのこととして、銀行融資があります。

 

 

 

 

 

 

銀行によっては不動産への融資に

 

積極的な銀行もあれば、不動産への融資に

 

消極的な銀行もあります。

 

 

 

 

 

そのため取引する銀行によって

 

融資を受けやすくなったり、

 

受けにくくなったりします。

 

 

 

 

 

 

ただ、実は銀行の中でも支店は無数に存在します。

 

 

 

 

 

 

銀行によっては積極的に不動産への融資を

 

する銀行でも支店によっては非常に

 

積極的、消極的に分かれるのです。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

取引する支店選びが非常に重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

基本的には不動産業者の紹介で

 

銀行と支店を紹介されることが多いと思いますが、

 

自分なりに本当にその視点でいいのか

 

一度止まって考えてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

融資担当者によっても不動産融資への積極性が違う

 

銀行や支店によって積極性が違いますが、

 

その中でも実際に融資の実務をしている現場の

 

融資担当者によっても積極度が違います。

 

 

 

 

 

 

 

担当者によってはイケイケどんどんの場合もあるし、

 

全く不動産へ融資する気配なしということもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、銀行選び、支店選びも大事ですが、

 

最後は現場の担当者によっても

 

少なからず影響は受けるのです。

 

 

 

 

 

 

 

銀行の場合には通常2年、3年で

 

融資担当者が異動になることが一般的ですので、

 

付き合いが出来始めた頃に異動になってしまうことが

 

あるので残念です。

 

 

 

 

 

 

支店を一度選んだら基本は変えられない

 

銀行は一度融資を受けた支店を

 

その後変えることはできません。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

基本は初めに取引した支店としか

 

その後は取引できないのです。

 

 

 

 

 

融資に積極的な担当者が異動になったり、

 

取引支店が不動産融資へ消極的に

 

なったとしてもどうしようもなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

初めの支店選びには十分に注意しておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

業者さんによっては特殊なルートを使うことで

 

別の支店でも融資を受けることが

 

できるようなことがるようです。

 

 

 

 

 

 

 

そうはいっても基本的には一度取引した支店と

 

今後も長く付き合うことになるので、

 

支店選びには注意して不動産投資を行ってください。

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

銀行融資が付くからと賃貸経営は安全というわけではない
銀行鵜融資が付くからと安定経営できるわけではないです。融資が付くと不動産投資で成功できるのは関係ないです。
新築木造物件は劣化等級2級取得で融資期間30年になる?
劣化等級2級を取得すると融資期間が30年になる銀行があります

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter