配偶者の年収を合算で評価すると銀行融資を受けやすくなる

銀行によっては年収の合算して評価してくれる

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入する際に

 

銀行融資は非常に重要なポイントです

 

 

 

 

 

銀行が特に融資をする際に

 

評価するところとして債務者の

 

年収があります

 

 

 

 

 

 

年収が高ければ高いほど

 

銀行としても貸し出しリスクが低くなるので、

 

年収は少しでも高い方が

 

融資を受けやすくなります

 

 

 

 

 

そんな中で銀行によっては

 

配偶者の年収を合算して

 

債務者の評価をしてくれる

 

ケースがあるようです

 

 

 

例えば

 

A 夫 年収1000万円 妻 年収200万円 

 

B 夫 年収600万円 妻 年収600万円

 

 

 

このようなケースであればA,Bともに

 

合算した年収は1200万円になります

 

 

 

 

 

 

 

配偶者の年収を合算できることは

 

それだけ債務者の評価を上げることができ、

 

融資を受けやすくなります

 

 

 

 

 

特にアパートローンの対象者である

 

サラリーマンや給与所得者は年収を

 

合算して計算してもらえることで、評価が伸びて

 

物件を購入できるチャンスも広がるでしょう

 

 

 

債務者の最低年収条件がある場合がある

 

一部の銀行は債務者の年収を合算できますが、

 

最低年収を設定しているところがあります

 

 

 

 

例えば年収合算はできるけれども

 

債務者の最低年収は

 

1000万円だとしたら

 

 

 

 

夫 年収600万円 妻 年収600万円

 

これは該当しないので融資を受けることができません

 

 

 

 

逆に 夫 年収1000万円 妻 年収200万円

 

この場合には融資条件に合致する上に

 

妻の年収も合算してもらうことができるのです

 

 

 

 

 

銀行によって債務者の評価の方法は

 

全く異なるケースがほとんどですので

 

注意が必要です

 

 

 

銀行融資を受けるなら一度は確認しておくべき

 

今後銀行融資を受けて物件を購入検討しているのであれば、

 

ご自分が融資を受けようと思っている銀行で

 

収入の合算を行なっているのか

 

確認してみるべきです

 

 

 

 

 

 

 

配偶者の年収が高い場合には

 

特に有利に融資を受けることが

 

可能になるでしょう

 

 

 

 

 

逆に配偶者の年収が高い場合には

 

年収を合算して計算してくれるような銀行を中心に

 

融資打診することで周りのライバル投資家よりも

 

有利に物件購入できるはずです

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

銀行融資が付くからと賃貸経営は安全というわけではない
銀行鵜融資が付くからと安定経営できるわけではないです。融資が付くと不動産投資で成功できるのは関係ないです。
新築木造物件は劣化等級2級取得で融資期間30年になる?
劣化等級2級を取得すると融資期間が30年になる銀行があります
不動産融資は融資に積極的な支店選びが重要な理由
融資を受ける銀行は支店選びが重要です
2018年の不動産投資でオーバーローンは不可能になる?
不動産に対して銀行評価が出にくい物件が多いのでオーバーローンで物件を購入するのは難しくなります
同じ年収だと地方在住、首都圏在住かで銀行融資に影響する
年収が同じなら住んでいる地域によって銀行融資が受けやすくなったり、受けにくくなります
法人名義で購入の場合、登記する場所を考えて選ぶべきか?
法人名義で物件を購入する場合には、登記する場所によって取引できる銀行に違いが出ます
銀行融資は借り入れする銀行の順番によって拡大に差が出る
銀行融資は融資を受ける銀行の順番を間違うといずれ融資がストップするリスクがあります
不動産価格が下がるタイミングは金利が上がる時!?
不動産の価格が下がるタイミングは金利が上がるときです。融資が厳しくなっても売主は強気のままです
不動産価格の下落は日銀の国債買いと長期金利が影響する!?
日銀が国債を買うと長期金利が下がるので不動産価格は上がります。しかし、国債を買わなくなれば長期金利は上がり物件価格は下がるでしょう
ローン定数K%を意識するとキャッシュフローを最大化できる
融資を受ける際にはローン定数K%を意識すると、どんな条件で借り入れすればいいのかが分かります
1物件1法人スキームは銀行合併に気をつけるべき!?
1物件1法人スキームは銀行合併すると決算書が共有されるので注意するべきです。
2018年の不動産投資は融資のハードルが厳しくなっている
2018年の不動産投資は融資のハードルが徐々に高くなってきています。サラリーマンや会社員なら年収が高くないと購入するのが難しくなってきています。
銀行融資の入り口は業者任せでなく自分で開拓するべき?
銀行融資は自分で開拓することで、業者やその他の投資家が知らない銀行を見つけることができる!
銀行融資後の各種営業(外貨預金)は気にしなくていい?
銀行融資を受けると外貨預金や生命保険などの営業を受けることがありますが、追加融資にプラスになるわけでないので断ってもいいでしょう
不動産投資で物件の買い時は不景気になった時
不動産投資で物件を買うべき時は銀行評価が下がる、不景気の時に自己資金を入れて買うことだと思います。
銀行の融資担当者や支店長の転勤が多い理由とは?
銀行の融資担当者が転勤が多い理由は顧客との癒着を防ぐためです。
個人で銀行の与信枠を使い切った後に物件規模拡大する方法
個人名義で物件を購入し続けると与信いっぱいになり融資が止まります。その後はどうやって規模拡大するのでしょうか
日銀黒田総裁の2期目が不動産投資へ与える影響
日銀総裁の黒田氏が2期目になることで不動産投資へ与える影響!
物件価格が上下する時の利回り、頭金、ローン、金利の違い
物件価格が変化する時には融資条件も変化します。単純に値段が安ければお買い得というわけではなく、融資状況によって買うべき時が決まるのです

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter 相談・コンサルティング