1物件1法人スキームは銀行合併すると決算書がバレる

銀行合併は決算書がミックスされる

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資を1物件1法人

 

買い進める人もいると思います

 

 

 

 

法人設立して購入するのは問題ないですが、

 

中には法人の存在を銀行に隠して

 

購入するケースもあるため銀行としても

 

警戒を強めているようです

 

 

 

 

 

 

 

中には誓約書を書いて

 

法人を所有していないなど裏付けを取る場合も

 

あるようなので、今後は一層厳しくなると

 

予想されます

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で、

 

銀行が合併することで

 

1物件1法人がバレてしまう

 

ケースが予想されます

 

 

 

 

 

 

 

 

銀行によっては毎年の決算書の

 

提出を求められますが、合併するということは

 

決算書の中身もすべて整理されるため

 

合併同士の銀行で融資を受けていた場合には、

 

個人の決算書に相違がないのか

 

チェックを受ける可能性があります

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、A銀行、B銀行、C銀行の3銀行から

 

法人融資を受けていた場合、3銀行が合併すると

 

これまでの決算書の中身を精査される

 

可能性があるということです

 

 

 

 

 

 

 

 

通常銀行は別々の株式会社のため、

 

個人情報の共有はできません

 

 

 

 

 

 

 

しかし銀行同士が合併することで、

 

個人情報が共有されることになるので

 

注意が必要なのです

 

 

 

 

 

 

 

特に決算書のような大事な資料は

 

注意する必要があるのです

 

 

 

 

マイナンバー制度によって徐々にバレやすくなる

 

マイナンバー制度に関しても

 

法人と個人のリンクが進みそうです

 

 

 

 

 

 

 

マイナンバー制度によって

 

個人の税金や所得なども全てシステムで

 

管理されるため、1物件1法人で購入する場合に

 

他の法人を隠していたとしても、

 

マイナンバーによって確認できる日がくるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年頃からの1物件1法人による買い進めは

 

一時期すごい勢いがありましたが、

 

2018年になった今はかなりの衰退であり、

 

今後は下火に向かうと思います

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

銀行融資が付くからと賃貸経営は安全というわけではない
銀行鵜融資が付くからと安定経営できるわけではないです。融資が付くと不動産投資で成功できるのは関係ないです。
新築木造物件は劣化等級2級取得で融資期間30年になる?
劣化等級2級を取得すると融資期間が30年になる銀行があります
不動産融資は融資に積極的な支店選びが重要な理由
融資を受ける銀行は支店選びが重要です
2018年の不動産投資でオーバーローンは不可能になる?
不動産に対して銀行評価が出にくい物件が多いのでオーバーローンで物件を購入するのは難しくなります
同じ年収だと地方在住、首都圏在住かで銀行融資に影響する
年収が同じなら住んでいる地域によって銀行融資が受けやすくなったり、受けにくくなります
法人名義で購入の場合、登記する場所を考えて選ぶべきか?
法人名義で物件を購入する場合には、登記する場所によって取引できる銀行に違いが出ます
銀行融資は借り入れする銀行の順番によって拡大に差が出る
銀行融資は融資を受ける銀行の順番を間違うといずれ融資がストップするリスクがあります
不動産価格が下がるタイミングは金利が上がる時!?
不動産の価格が下がるタイミングは金利が上がるときです。融資が厳しくなっても売主は強気のままです
不動産価格の下落は日銀の国債買いと長期金利が影響する!?
日銀が国債を買うと長期金利が下がるので不動産価格は上がります。しかし、国債を買わなくなれば長期金利は上がり物件価格は下がるでしょう
ローン定数K%を意識するとキャッシュフローを最大化できる
融資を受ける際にはローン定数K%を意識すると、どんな条件で借り入れすればいいのかが分かります
2018年の不動産投資は融資のハードルが厳しくなっている
2018年の不動産投資は融資のハードルが徐々に高くなってきています。サラリーマンや会社員なら年収が高くないと購入するのが難しくなってきています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter