区分所有や戸建てを現金買から始めるべき理由

現金買いで不動産賃貸業になれる

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資を始める場合、

 

物件を融資を受けて購入するのが

 

一般的です

 

 

 

 

 

 

小さな区分マンションでも

 

1千万円単位でするものがあります

 

 

 

 

 

 

現金で買うことが難しい場合には

 

銀行から融資を受けて購入することになるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

初めて不動産投資をする人や、

 

これまで不動産を購入したことがない人の場合には

 

怖くなってしまい、前に進むことが

 

できなくなるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

そんな時には小ぶりの区分や

 

戸建てを現金買いするのもありです

 

 

 

 

 

 

 

 

現金買いであれば返済リスクがないので、

 

最悪入居者がいない状態でも

 

リスクはないです

 

 

 

 

 

 

 

不動産投資の一番のリスクである

 

返済リスクがないのは、不動産投資を始める

 

ハードルを下げてくれ、心理的には

 

非常に有利に進めることができます

 

 

 

 

 

現金買いから始め経験を積む

 

現金買いすることで、

 

不動産投資に参入しやすくなります

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

物件を購入した後の

 

管理運営の経験も徐々に積むことが

 

できるようになるのです

 

 

 

 

 

 

 

不動産投資は物件を購入することは大事ですが、

 

それと同じくらい購入後の入居付けや

 

空室対策、修繕に対する見積もりの

 

妥当性の判断など大家としての仕事は

 

沢山あります

 

 

 

 

 

 

 

 

管理運営の知識や経験は区分でも戸建てでも

 

一棟物件でも共通していて、不動産を実際に

 

購入しなければ得られないことばかりです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

現金買いから不動産投資を始めるのは、

 

借金することで心臓が弱い人には

 

非常に精神的にも良いと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

管理運営の経験は

 

賃貸経営をする中では

 

一生使えるものです

 

 

 

 

 

 

 

 

物件の規模と得られる知識量は関係ないです

 

 

 

 

 

 

どの物件でもやることは

 

規模に関係なくほぼ同じことのルーティンです

 

 

 

 

 

 

 

 

一年でも早く賃貸経営を始めることで、

 

空室対策やクレーム対応、管理会社との

 

コミュニケーションの仕方を多く学ぶことができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現金で物件を買うことは

 

それだけ多くの学ぶ機会も

 

得られるということになります

 

 

 

 

 

 

 

 

最初から融資を受けて物件を購入するのが

 

少しでも怖いと思うのであれば、現金買いをして

 

不動産投資に対する経験や知識を

 

得るのが良いと思います

 

 

 

 

 

心に余裕ができたら融資を受ける

 

現金買いで区分や戸建てを購入すると、

 

時間とともに徐々に経験や知識も

 

得ることができるようになります

 

 

 

 

 

 

そうなると空室対策に自信がつくし、

 

入居者が退去した後の管理会社から出される

 

修繕の見積もりに対する妥当性の

 

判断ができるようになるなど、賃貸経営全般に対して

 

自信が出てくるようになります

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身不動産投資を始めたばかりの知識がない時には、

 

管理会社から出される修繕の見積もりも

 

相場がわからないので何でも言われるがままでした

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

沢山の経験を積むことで

 

無駄な部分など改善していくことができ、

 

お金も残るようになってきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、

 

賃貸経営に自信がつくと融資を受けて

 

物件を購入したとしても怖く無くなるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に現金買いをして、

 

賃貸経営を学ぶことで銀行から借り入れをしても

 

十分に返済ができることがわかってきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり心に余裕が出てくるんです

 

 

 

 

 

 

 

 

結局は、

 

融資を受けて物件購入したとしても

 

しっかりと返済できるだけの家賃が入ってくる限り、

 

怖くはないことに気づきます

 

 

 

 

 

 

そのためにも、

 

現金でまずは始めてみるのがいいと思います

 

 

 

 

 

区分所有は事業実績と評価される

 

最初は区分所有や戸建てから

 

不動産投資を始めたとしても、

 

大家には変わりないです

 

 

 

 

 

 

 

物件の規模は関係なく、

 

不動産賃貸業を始めた事実があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年間行えばそれは1年間の実績が得られます

 

 

 

 

 

 

 

毎年しっかりと利益を出して黒字化すれば、

 

今後融資を受ける際にも銀行融資が

 

通りやすくなるでしょう

 

 

 

 

 

 

銀行は不動産賃貸業に対する実績も重要視しますから、

 

現金買いだとしてもまずは実績作りの観点からも

 

始めてみるのが良いと思います

 

 

 

 

ぜひご参考ください

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。
不動産投資は覚悟が必要!一度始めたら簡単には辞められない
不動産投資は一度始めたら売却できるまで続けなければなりません。株やFX、仮想通貨のように簡単に売買できないのです。
不動産投資は外観で物件を選んではいけない理由
不動産投資では物件を外観やデザインで選ぶのは良くありません。しっかりと利益の出る物件を購入するのが大事です。
不動産投資で成功するには物件の相場感を身につけるべき
不動産投資では物件の相場感が分かることで、買うべき物件と買うべきでない物件の見分けがすぐにできるようになります。
不動産投資は津波のリスクがある物件を購入してもいいの?
津波のリスクがある地域の物件を購入してもいいのでしょうか?
定期預金を担保にすると不動産融資を有利に受けれるのか?
定期預金を担保にすると不動産融資を受けれるのかについて説明
新築木造アパートで間取りの狭い部屋を購入するのは注意!
新築物件でも間取りが狭い物件を購入するのは注意です
2022年の生産緑地問題は不動産投資にどう影響する?
2022年に生産緑地制度が終了するので、大規模な数の宅地が増えると予想されます。首都圏で不動産を購入する場合には賃貸需要がある地域で購入するようにしましょう。
物件購入で指値や値引きをするには正当な理由が必要
不動産投資では値引きや指値交渉は簡単にはできません。しっかりとした理由がないと交渉してもらえないです。
不動産投資はリスクをコントロールできる投資であり事業
不動産投資はリスクコントロールできるので、株式やFX,仮想通貨のように失敗しにくい
入居率の相場確認にはライバル物件の調査が大事
物件購入する前には必ず現地近くのライバル物件の空室率をチェックしておくのが大事です
不動産投資は初心者や初めてが大変で慣れれば難しくなくなる
不動産投資は一棟目が一番大変で、始めてしまうと2棟目3棟目はそれほど難しくなくなります

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter