不動産投資で津波のリスクがある物件を購入する

日本での不動産投資は必ず津波にリスクがある

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資を行うリスクとして

 

自然災害があります。

 

 

 

 

 

 

特に津波に関しては

 

2011年の東日本大震災があったように、

 

建物が津波によって流される被害がありました。

 

 

 

 

 

 

津波の被害に合えば、

 

建物が海水で痛みますし、

 

そもそも建物ごと流されるリスクがあります。

 

 

 

 

 

 

物件を購入する場合、

 

なるべく津波被害のない高台の

 

物件を購入するのが、被害を未然に防ぐには

 

有効だと思います。

 

 

 

 

 

 

とは言っても、

 

全ての物件が高台にばかりあるわけではなく、

 

どうしても海の近くであったり、

 

地盤が低い部分の物件もあります。

 

 

 

 

 

 

利回りが高い場合、

 

収益率が高いのであればどうしても、

 

津波のリスクがありそうな物件も

 

積極的に購入する必要がると私は思います。

 

 

 

 

 

地震保険加入で津波のリスクを回避

 

津波のリスクがありそうな物件を購入する場合には

 

必ず地震保険に加入することが大事です。

 

 

 

 

津波の被害に関しては

 

地震保険でカバーできるからです。

 

 

 

 

 

 

しっかりと、

 

保険に加入することで

 

津波の被害にあったとしても

 

被害額を最小限に抑えることができます。

 

 

 

 

 

日本は津波よりも地震、火災、台風、土砂崩れの方がリスクが高い

 

津波の被害の確率は

 

実は地震や火災、台風、土砂崩れに比べて

 

かなり低いです。

 

 

 

 

 

 

 

特に、

 

日本は地震と火災による

 

被害が圧倒的に多いです。

 

 

 

 

 

 

 

津波もリスクがありますが、

 

日本全体で見ても可能性としては

 

かなり低いです。

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災では

 

多くの建物が被害にあいましたが、

 

同じような津波被害が次いつ来るのかは

 

可能性としてはかなり低いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

南海トラフ地震のリスク

 

現在分かっている津波のリスクがある場所として、

 

愛知県や静岡県沖が震源の南海トラフ地震です。

 

 

 

 

 

南海トラフ地震は30年以内に60%から70%程度の

 

確率で起こると言われています。

 

 

 

 

 

つまり、

 

2050年以内には南海トラフ地震が

 

起こる確率が高いです。

 

 

 

 

 

そのため、

 

すでに津波被害の可能性が高い地域の

 

物件購入はなるべく避けた方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

事前に対応することで、

 

あらかじめ津波被害を予防することができます。

 

 

 

 

 

ただし、

 

日本は島国ですから

 

どこでどんな地震と津波が起こるのかは

 

誰にもわかりません。

 

 

 

 

 

南海トラフ地震以外にも

 

大きな地震が起こって津波が起こる

 

可能性もあるので、安心はできないです。

 

 

 

 

 

購入できない方が機会損失

 

不動産投資で成功するには

 

いかに収益率の高い物件を

 

購入するかが大事です。

 

 

 

 

 

利回りが高く、

 

銀行融資を受けるなら融資期間も長くとれるような

 

キャッシュフローを最大化することが、

 

資産拡大には重要です。

 

 

 

 

 

そう考えると、

 

津波被害のリスクがある沿岸部や

 

海の近くの物件も積極的に

 

購入する必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

確かに、万一の自然災害は非常に怖いですが、

 

しっかりと地震保険に加入しておけば

 

最悪のケースは防げると思います。

 

 

 

 

 

それよりも、

 

利益の残る物件を購入しないで得られるはずの

 

利益を放棄する方が損だと思います。

 

 

 

 

 

したがって、

 

津波の被害リスクはありますが、

 

投資リスクに対してしっかりとリターンのある

 

儲かる物件があれば沿岸部でも

 

購入は良いと思います。

 

 

 

 

 

個人によって考え方は違いますが、

 

地震や火災に比べても津波被害の可能性は低いので、

 

積極的に購入しても良いと思います。

 

 

 

 

ぜひご参考ください。

 

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。
不動産投資は覚悟が必要!一度始めたら簡単には辞められない
不動産投資は一度始めたら売却できるまで続けなければなりません。株やFX、仮想通貨のように簡単に売買できないのです。
不動産投資は外観で物件を選んではいけない理由
不動産投資では物件を外観やデザインで選ぶのは良くありません。しっかりと利益の出る物件を購入するのが大事です。
不動産投資で成功するには物件の相場感を身につけるべき
不動産投資では物件の相場感が分かることで、買うべき物件と買うべきでない物件の見分けがすぐにできるようになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter