不動産投資は外観やデザインで物件を選んではダメ

外観よりも収益性が大事な理由

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資を始めたばかりの頃は、

 

物件を購入する際には建物のデザインや

 

見た目ばかりを気にしていました。

 

 

 

 

 

デザインがよければ良い物件のように考えていたほどです。

 

 

 

 

 

でも、ある時それは大きな間違いだと気付きました。

 

 

 

 

当たり前ですが、私が不動産投資をする理由はただ一つ。

 

 

 

 

お金持ちになりたいから

 

 

 

 

では、デザインがオシャレな物件や見た目が

 

良い物件を買えばお金持ちになるでしょうか?

 

 

 

 

答えはNOです

 

 

 

 

 

 

私のような不動産投資かが重要すべきポイントはたった一つ

 

 

 

 

収益の出る物件を購入すること!

 

 

 

 

 

いくらデザインが良くても、色がかっこいい、

 

自分の好みの物件だと思っても

 

利益率(利回り、融資期間、金利)が

 

ダメであればお金は残りません。

 

 

 

 

 

 

 

お金を残すこと、

 

お金持ちになることが目的で不動産投資をするならば、

 

しっかりと利益が残る条件の物件を購入することが大事です。

 

 

 

 

見た目やデザインはひとそれぞれ違う

 

そもそも人間は人それぞれ価値観が違います。

 

 

 

物件に対しての印象も全く違います。

 

 

 

 

 

例えば、

 

緑色の建物は一般的には好きな人は少ないでしょうが、

 

中には緑色の建物が好きな人も必ずいます。

 

 

 

 

 

 

デザインも奇抜なデザインは

 

大多数の人に好かれないでしょうが、

 

中には好きな人もいます。

 

 

 

 

 

 

このようにあなたが好きなデザインの建物があったとしても、

 

それを好きな人もいるし、反対に嫌いな人もいます。

 

 

 

 

 

 

ですから、

 

大事なのはデザインではなく

 

家賃設定や収益率で、

 

物件購入後に毎月しっかりと家賃収入が

 

得られるのかということです。

 

 

 

 

 

 

また、

 

私が購入する一棟アパートやマンションのような貸家は

 

そもそも万人受けするようなデザインで建てられてます。

 

 

 

 

 

 

個人が住むような一戸建ては自分だけが住むので、

 

好きなデザインにして問題ないでしょうが、

 

貸家の場合には施工会社であらかじめ入居付けの観点から

 

デザインを考えられているので、

 

購入段階で悩む必要はないと思います。

 

 

 

 

 

 

収益を第一に考えるのであれば、

 

無難なデザインのもの、

 

般的なデザインの建物で十分です。

 

 

 

 

入居者はデザインよりも家賃設定を見ている

 

そもそもあなたの貸家に住む入居者は家賃設定が安いのか、

 

駅からの距離は、駐車場はあるのかなど

 

住むことに関する条件に関心があります。

 

 

 

 

 

建物のデザインを第一優先で選ぶ人はほとんどいないでしょう。

 

 

 

 

 

特に貸家であれば、

 

なるべく安い家賃を好むに決まっています。

 

 

 

 

 

そのため、

 

デザイン重視で利回りの低い不動産を購入すると

 

家賃設定を高くしなければ

 

貸し出せないリスクもあります。

 

 

 

 

 

 

 

割安でいつでも家賃設定を下げられるような

 

利回りに余裕のある物件を購入するのが、

 

不動産投資では最も重要です。

 

 

 

 

 

 

収益を得るために不動産投資をするわけなので、

 

しっかりと購入条件を第一に考えて

 

物件を購入するようにしましょう。

 

 

 

 

ぜひご参考ください

 

 

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。
不動産投資は覚悟が必要!一度始めたら簡単には辞められない
不動産投資は一度始めたら売却できるまで続けなければなりません。株やFX、仮想通貨のように簡単に売買できないのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter