不動産投資を始めるなら覚悟が必要。簡単に辞めることができない

不動産投資は簡単には辞められない理由

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資はサラリーマンや公務員などの

 

給与所得者からでも銀行融資を受けることで

 

始めることができます。

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

一度不動産投資を始めるとその後簡単に後戻りはできません。

 

 

 

 

 

株やFX、仮想通貨のような金融商品と違って

 

一度所有すると買値より高値になることはありません。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

購入額よりも高値で売却できないため、

 

長期保有して残債を減らさなければ売却できないので、

 

購入後はなかなか手放すことができないのです。

 

 

 

 

 

 

 

人気のエリアであれば購入後に

 

すぐに売却することもできるでしょうが、

 

一般的には不動産投資で売却益を得る

 

投資をする人は業者さんなど宅建業の

 

人たちだけです。

 

 

 

 

 

 

 

私のように宅建免許もなく、

 

ただの大家業をしている人にとっては

 

不動産投資は、長期間保有しキャッシュフローを

 

得るのが一般的なので、なかなか短期で

 

利益を得るのは難しいです。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

不動産投資は一度足を踏み入れたら

 

簡単に辞めれなくなります。

 

 

 

 

不動産投資は誰しもが向いているわけではない

 

不動産投資を実際にすると、

 

始める前と考えが違うことや始める前の

 

想像と現実が違うこともあります。

 

 

 

 

 

特に不動産投資は不労所得と言われがちです。

 

 

 

 

 

半分は納得しますが、半分は思いません。

 

 

 

 

 

なぜならば、

 

不動産投資で物件を所有すると

 

少なからず問題やストレスも発生するからです。

 

 

 

 

 

例えば以下のようなことです。

 

空室のストレス
(空室によって収益が悪化するのでストレスを受けます)

 

 

 

修繕費による収益悪化
(中古物件だと外壁塗装や屋上防水などの修繕が必要になります)

 

 

 

仕事中に不動産会社から電話やメールが来る
(入居付けの条件設定など管理会社から確認の連絡が頻繁にあります)

 

 

 

プライベートがなくなる
(物件購入や融資のための銀行訪問でプライベートを奪われます)

 

 

 

物件が長期間売れない
(残債が減るまで物件を売却することが難しくなります)

 

 

 

不動産投資を始める人は

 

不動産を買えば儲かるという心理で始めると思いますが、

 

儲かるには時間もかかるし

 

ストレスもそれなりに受けるので、

 

向いていない人にとってはかなり

 

しんどいのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

一度始めると、

 

物件が売れない限り所有し続けるか、

 

損切りしてしまうしか辞めれません。

 

 

 

 

 

普通は損切りするなんて人はいないでしょうから、

 

結局は銀行へ返済する残債が減るまで

 

長期間保有しなければならなくなります。

 

 

 

 

不動産投資を始めるなら覚悟を持って始めるべき

 

不動産投資は立派な事業です。

 

 

 

 

物件購入してからは

 

大家の仕事はそれなりにたくさんあります。

 

 

 

 

 

空室が出れば入居付けや修繕の計画、

 

入居者のクレーム対応などです。

 

 

 

 

 

幸いにもそのほとんどを

 

管理会社に委託することができますが、

 

大事な決断に関しては

 

全てオーナーの仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

家賃設定から入居条件なども

 

全て大家が決めなければなりません。

 

 

 

 

 

これらの仕事がめんどくさいと思ってしまうのであれば、

 

不動産投資には向いていないと思います。

 

 

 

 

 

 

特に会社員やサラリーマンなどは

 

平日の昼間は自分の仕事をしているわけですから、

 

管理会社からの電話に出ることは難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

普段のサラリーマンの仕事に

 

支障をきたすこともあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

特に退去の連絡があるとかなりのストレスを受けます。

 

 

 

 

空室があろうがなかろうが銀行への返済は待った無しです。

 

 

 

 

 

そのため、本業に支障が出る可能性もあります。

 

 

 

 

 

不動産投資を始めるなら

 

中途半端な気持ちで始めるのは危険です。

 

 

 

 

 

5年、10年と長期で賃貸経営をする覚悟がないと

 

途中で心がおれるかもしれませんので注意ください。

 

 

 

 

 

でも不動産投資はデメリットだけではないです。

 

 

 

 

 

物件を購入してからしっかりと回すことができるようになると、

 

お金も貯まってきますし、管理会社とうまく

 

連携ができるようになると賃貸経営も

 

かなり楽になります。

 

 

 

 

 

 

 

そして長期間保有することで、

 

将来の売却額も得ることができるので

 

お金もかなり残せるメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

物件をコツコツと積み重ねれば

 

最終的にはサラリーマンの給与以上に

 

不動産から家賃収入を得ることも可能です。

 

 

 

 

 

 

なので、必ずしもデメリットばかりではないですが、

 

一度始めるとなかなかやめることができないので

 

本当に覚悟がない人以外は

 

不動産投資をするのは危険だと思います。

 

 

 

ぜひご参考ください

 

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter