都市部で治安が悪い場所の入居付けは注意が必要

大都市でも治安が悪いエリアの物件購入は避けるべき

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資では

 

入居付けがしやすい地域として、

 

大都市があります。

 

 

 

 

 

 

 

東京や大阪、名古屋などは人口が多いので

 

安定して入居者を確保しやすいので、

 

誰しもがそれらの地域の物件を欲しがります。

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

実際に住んだことがない人や地域について

 

詳しく知らない人が物件を購入する時には、

 

治安についての知識は乏しいことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

私が物件を所有する神奈川県横浜市があります。

 

 

 

 

 

 

横浜市は、元町中華街、みなとみらい、

 

山下公園など有名で観光客が多く

 

好感度が高い地域があります。

 

 

 

 

 

 

また横浜市は人口も非常に多いので

 

入居付けリスクもかなり低いです。

 

 

 

 

 

しかし、

 

一方で横浜市の中心街の一部のエリアは

 

治安が悪く非常に危険な地域もあります。

 

 

 

 

 

 

日雇い労働者の多い地域や風俗街なども横浜市にはあり、

 

それらの地域は人口密集もしているので

 

入居付けも比較的楽でしょう。

 

 

 

 

 

 

でも地元の人であれば絶対に買いたくないような地域の物件でも

 

外部の投資家や、地域について知らない人は知らずのうちに

 

治安の悪い地域の物件を購入してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

 

 

東京都でも同じで、特に23区内であれば人口も多いので、

 

入居付けがしやすいメリットもあるため、

 

購入希望者は多いです。

 

 

 

 

 

 

でも、

 

23区内でも危険な地域があります。

 

 

 

 

 

そういった地域を知らないで、

 

東京都という名前だけで物件を判断してしまっては

 

購入後に実は入居付けがかなり苦戦する

 

デメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

大都市の名前だけで

 

物件を判断するのは危険です。

 

 

 

 

 

購入する前には物件の治安を

 

地元の不動産会社に電話して聞くなり、

 

必ず確認するようにしましょう。

 

 

 

 

外部の人は治安の悪い地域には気づきにくい

 

私は神奈川県横浜市に住んでいますので、

 

横浜市であればある程度

 

治安の悪い地域はわかります。

 

 

 

 

 

でも関西の大阪などについては全くわかりません。

 

 

 

 

 

 

大阪も大都市なので

 

物件の購入希望者は多いと思いますが、

 

治安が悪い地域までは実際に住んでいる人か

 

過去に住んだ経験がある人以外は

 

わからないと思います。

 

 

 

 

 

 

このように、

 

物件の治安というのは外部の人にとっては

 

わかりにくい性質があるので、物件を購入する場合には

 

地域の名前だけで判断することなく

 

所在する物件のエリアを詳しくリサーチするのが

 

非常に大事だと思います。

 

 

 

 

事故物件が多いと売却時に値下げの必要がある

 

治安が悪いエリアの物件は、

 

強盗や殺人、放火などの事件も

 

多い地域です。

 

 

 

 

 

 

治安が悪いエリアに自分の物件がある場合、

 

事件に巻き込まれるケースもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

もし、

 

殺人など事故物件になった場合には

 

家賃を下げないと借手はいないので、

 

売却する際には売値を大きく下げないと

 

買ってもらえません。

 

 

 

 

 

そのため長期的な視点で考えても

 

事故物件になるリスクも高くなるし

 

売値も下がる可能性があるので、

 

治安の悪い地域の物件は

 

買わないほうがいいです。

 

 

 

 

 

 

また、

 

入居付けに関しても、

 

一般的な人は治安が悪い地域に

 

住みたい人はいません。

 

 

 

 

 

 

大都市の物件でも

 

空室が長引けばそれだけ機会損失で

 

収益が悪化してしまいます。

 

 

 

 

 

 

なので東京や大阪など有名な地域だけで

 

物件を購入するのは危険ですので注意してください。

 

 

 

 

 

 

従って、

 

不動産投資で成功するには

 

治安が悪くない物件を購入し、

 

長期間満室を継続するような物件を

 

買うことが大事だと思います。

 

 

 

 

ぜひご参考ください

 

 

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
不動産投資は覚悟が必要!一度始めたら簡単には辞められない
不動産投資は一度始めたら売却できるまで続けなければなりません。株やFX、仮想通貨のように簡単に売買できないのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter