崖下や崖上の物件購入

崖っぷちでも安全基準を満たしている建物は問題ない

 

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

不動産投資で

 

物件を購入する際に不安に思うのが、

 

崖の上に物件があったり、

 

崖の下に物件がある場合です。

 

 

 

 

 

崖崩れになるリスクが怖くて、

 

あんまり好んで購入する気持ちにはなれないのが

 

普通ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

でも実際には、

 

建物が建つ時には役所の規制や

 

基準をクリアしないと作ることができないので

 

一定の安全は満たしていると考えられます。

 

 

 

 

 

 

また、

 

地盤に関しても建設する段階で

 

地盤検査をしているはずですので、

 

崖崩れのリスクは非常に低いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

特に首都圏であれば崖は

 

コンクリートで補強されている場合があるので、

 

大雨や台風で崖崩れをするのは

 

ほとんどが地方のエリアです。

 

 

 

 

 

 

建物が建つには役所の検査を受けた

 

検査済証などの証明書を

 

取ることが普通です。

 

 

 

 

 

 

見た目では危険のように思えても

 

地盤は丈夫だったり、建物に深い杭が打ち込まれているなど

 

対策をされていることが一般的ですので

 

素人にとっては危険でも、

 

実際には問題ないことが多いんです。

 

 

 

 

 

横浜市は崖ばかりの地域

 

私は神奈川県の横浜市に住んでいます。

 

 

 

 

 

特に横浜は坂が多く、崖も非常に多いです。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

崖の上や下に家がたくさん建っているし、

 

アパートやマンションも平気で建設されています。

 

 

 

 

 

横浜に住んでいる人にとっては

 

割と普通の景色かもしれませんが、

 

それ以外の地域に住んでいる人にとっては

 

かなりショッキングな光景かもしれません。

 

 

 

 

 

 

横浜など崖の上や下に住むことに抵抗がない環境で

 

育った人とは感覚が違うので、崖付近の物件はリスクと

 

感じてしまうのは普通かもしれません。

 

 

 

利回りや融資条件が良ければ購入もある

 

不動産投資をするにあたっては、

 

安全性さえ確保されていれば崖の上でも下でも

 

購入していくのが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

誰だって好んで崖付近の物件は買いたくないでしょうが、

 

利回りが高いことや、融資がつく物件、

 

築浅で融資期間が長いのでキャッシュフローが

 

出る物件であれば迷わず購入して良いです。

 

 

 

 

 

 

我々は投資家なので、

 

利益の出る物件をコツコツ

 

増やしていくことが大事です。

 

 

 

 

 

 

見た目や立地ではなく、

 

入居付けができること、利益率が高いことなど

 

収益面の条件が良ければ崖の物件でも

 

積極的に購入するのが良いです。

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

安全性が悪いことや坂の上で入居付けが

 

厳しい物件であればもちろん購入してはダメです。

 

 

 

ぜひご参考ください

 

 

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。
不動産投資は覚悟が必要!一度始めたら簡単には辞められない
不動産投資は一度始めたら売却できるまで続けなければなりません。株やFX、仮想通貨のように簡単に売買できないのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter