不動産投資で両手取引で物件を購入する

不動産投資の両手取引と片手取引とは

 

 

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入するときに

 

仲介してくれる業者が売主と買主の間に

 

何社入っていますか?

 

 

 

 

売主と買主の間に1社であれば両手取引

 

売主ー業者ー買主

 

 

 

 

売主と買主の間に2社以上であれば片手取引

 

売主ー業者ー業者ー買主

 

売主ー業者ー業者ー業者ー買主

 

 

 

 

 

仲介する不動産会社にとっては

 

当然仲介手数料を多くもらえる両手取引

 

重要とします。

 

 

 

 

 

誰だって片手取引よりも手数料を多くもらえる

 

両手取引をしたいに決まっていますよね。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

不動産会社としては自社で何としても

 

両手と引きをしようと努力をします。

 

 

 

 

 

逆に言うと片手取引の場合には

 

両手取引と比べて不動産会社のやる気は

 

少ないのが一般的です。

 

 

 

 

買い手である投資家にとってのメリット

 

では買主である投資家にとってはどちらが得なのでしょうか?

 

実はこれも両手取引の方が

 

メリットがある可能性が高いです。

 

 

 

 

 

理由は以下の点です

 

・売主からの情報伝達が早い
(間に余計な業者が挟んでいないので、売主からの情報がすぐに伝わるメリットがあります)

 

 

 

・値引き交渉してくれる
(買主側に立ってくれる業者であれば売主をなんとか説得して少しでも安く価格交渉してもらえます)

 

 

 

・情報が正確
(直接物件の情報が入ってくるので、空室期間や修繕履歴など正確に情報が伝わってきます)

 

 

 

両手取引は業者にとっても手数料が2倍なのでメリットあるし、

 

買主にとっても情報が早く正確に伝わると同時に、

 

値引き交渉なども行なってもらえる可能性が

 

あるのデメリットがあります。

 

 

 

 

 

買い手である投資家にとってのデメリット

 

両手取引は買主にとってデメリットもあります。

 

 

 

 

 

仲介する不動産会社が

 

売主側についた場合には買主にとっても

 

デメリットがあります。

 

 

 

 

 

つまり、情が売主に移っている場合です。

 

そうなると

 

・買主に不利な情報を提供しない

 

・価格交渉をしてくれない

 

・情報提供が遅い

 

など買い手にとってもデメリットなことがあります。

 

 

 

 

 

その場合には、

 

片手取引でもいいので

 

自分の味方になってくれる不動産業者に

 

仲介してもらうのが成功するには

 

必要な条件だと思います。

 

 

 

 

スムースに情報を運んでくれるなら両手取引でも良い

 

買い手の投資家にとっては

 

結局は両手取引でも、メリットもあるし

 

デメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

両手取引であってなおかつ買い手側に付いてくれる業者を

 

味方にできればかなり有利に

 

不動産投資をすることができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

特に価格交渉に関しては

 

かなり頑張ってくれる可能性があるので、

 

利回りも高い物件を購入できる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

優良な不動産会社の営業と出会えるかは

 

不動産投資で成功するためには

 

非常に重要な要素だと思います。

 

 

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter