不動産業者の営業とは連絡が途絶える

不動産業者は誰とでも印象を良くする

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入しようと思ったら、

 

インターネットのサイトで物件を探すか

 

不動産業者から物件を紹介してもらう

 

場合がほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

特に業者の場合には、

 

水面下の物件やまだ市場には

 

情報として出ていない物件などを

 

持っている場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

地主とのコネクションや相続案件など

 

自社独自の情報を持っていると

 

お宝物件などを紹介してもらえる

 

可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

そんなとこで、

 

投資家としては少しでも多くの

 

不動産業者とお付き合いして、

 

担当営業者さんと仲良くなっておくことで、

 

物件情報もたくさん集まるメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

業者へ面談しに行くと、

 

担当営業を紹介してもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

私の資産状況や買いたい物件の

 

情報などを共有します。

 

 

 

 

 

 

そうすることで、

 

今後紹介してほしい物件などを営業に伝えることで、

 

物件と融資のセットで案件を

 

紹介してもらえるようになります。

 

 

 

 

 

 

初対面の営業の方は非常に印象が良く、

 

これから一緒に頑張っていこうという流れになることが多く、

 

モチベーションもかなり上がることが多いです。

 

 

 

 

 

面談後連絡ないのは普通にある

 

面談後は投資家としては業者から

 

物件を紹介してもらえるまで

 

待ちの状態が続きます。

 

 

 

 

 

 

営業さんが頑張って案件を

 

探してくれるまではどうすることもできません。

 

 

 

 

 

 

中には、

 

面談後すぐに物件を見つけてきて

 

連絡してくれる業者さんもいる中で、

 

まったく音信不通になる業者さんもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

面談した時には

 

非常にやる気に満ちていて、

 

期待していたのに全く連絡がないんです。

 

 

 

 

 

 

実は不動産業者も忙しいしお客を選んでいるんです。

 

 

 

 

 

 

業者の中にはお金がある人しか

 

相手にしない人もいるし、サラリーマン投資家など

 

会社員でも相手にしてくれ営業もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

面談してから全く連絡がない場合には、

 

そんなもんなんだと早い段階で切り替えて

 

次の業者と面談した方がいいと思います。

 

 

 

 

お互いビジネスなので相手を選ぶし選ばれる

 

不動産投資は投資家の立場は

 

それほど強くないと思っています。

 

 

 

 

 

特に買主の場合には物件情報を

 

紹介してもらえなければ

 

購入することはできません。

 

 

 

 

 

 

しかも、利回りが高いのしか興味がないとか、

 

古い物件は嫌だとか言っていると、

 

不動産業者からはまっく相手に

 

されなくなりかねません。

 

 

 

 

 

 

ビジネスであればお客が神様的な考えがありますが、

 

不動産投資ではそんなことはなく

 

儲かる物件は誰が買っても儲かります。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、良い物件情報を持っている業者は

 

買主よりも立場が上にもなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

業者から相手にされない買主になってしまったら

 

物件情報を紹介してもらえないでしょうし、

 

買手として認められればたくさんの物件情報も

 

紹介されると思います。

 

 

 

 

 

 

大事なのは、

 

お互いビジネスなので相手を選ぶし、

 

選ばれるということです。

 

 

 

 

 

 

 

業者面談をしてもその後全く物件の紹介がなければ、

 

潔く次の不動産業者と面談をした方が

 

時間の無駄にもならないのでいいと思います。

 

 

 

 

 

 

いつまで待っていても紹介されない人は

 

いつまでも現状のままですので、

 

どうぞご参考ください。

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
個人から物件を買うと瑕疵担保免責になっている
個人から物件を購入すると瑕疵担保免責になっている可能性があります
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter