個人が売主だと瑕疵担保免責になる

売主が個人だと瑕疵担保免責

 

 

どうも

 

投資家タケです!

 

 

 

 

 

 

不動産投資で物件を購入する時に

 

瑕疵担保が付いていない場合があります。

 

 

 

 

 

 

瑕疵担保とは

 

建物に見えない不具合などがあった場合に

 

売主に対して賠償責任を取ってもらえることです。

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

・シロアリ被害

 

・屋上の水漏れ

 

・躯体部分の損傷

 

・建物の傾き

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

売主が個人の場合や法人でも

 

宅建業者以外の場合には瑕疵担保免責と言って、

 

保証がない場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

売主自信も不動産に関しては

 

専門ではないので売買契約書の瑕疵担保免責の

 

条文があれば、購入後に何か不具合があった場合でも

 

売主に対して責任を取ってはもらえないのです。

 

 

 

 

売主が業者であれば新築で10年、中古で2年の保証

 

 

売主が宅建業者であれば話は変わります。

 

 

 

 

 

業者であれば、

 

新築物件なら10年間は瑕疵担保が付きます。

 

 

 

 

 

中古物件でも

 

2年間は必ず瑕疵担保が付くことになります。

 

 

 

 

 

売買契約書に瑕疵担保免責としていたとしても、

 

売主が宅建業者であれば法律では

 

責任をとることになっているので

 

買い手にとっては業者のほうが有利でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

個人から購入する場合には

 

業者よりも売値が安い場合がありますので、

 

一概にすべて業者から購入するのが

 

良いとも言えないのです。

 

 

 

 

 

 

価格が安くて利回りが高い物件であれば

 

瑕疵担保免責になっていても個人から購入する方が

 

メリットがある場合もあるので、十分に気を付けて

 

購入するするのが大事ですね。

 

 

 

関連ページ

関東と関西の敷金や保証金の清算方法の違い
関東と関西では敷金や保証金の清算方法に違いがありますので注意してください
不動産購入前の偽装満室には注意すること
不動産投資で物件を購入する時に満室偽装があるので注意してください
不動産の売買契約書の特記事項は必ず確認しよう!
不動産投資で売買契約書は非常に大事なことです。特に重要事項説明書の最後のページの特記事項には瑕疵担保などについて記載されているので特に大事です。
不動産業者と一緒に物件確認行くのは危険な理由とは
不動産の現地確認を不動産業者と一緒に行くと、自分のペースで物件確認できないので非常に良くないです。また義理を感じてついつい買い付けを入れてしまいそうになります。
不動産投資を家族や妻に納得してもらう方法
家族や妻は不動産投資に反対することが多いですが、どうすれば納得してくれるのでしょうか?
不動産業者の営業とは割り切って付き合うべき理由
不動産投資では担当営業と割り切って接するのが必要です。面談後に連絡がなくなることも多いです
ブローカーや宅建免許を持っていない不動産会社から物件購入
ブローカーや宅建免許を持っていない営業担当から物件を紹介してもらって物件を買ってもいいのでしょうか?
不動産投資は両手取引と片手取引どちらが良いのか?
物件を購入する際には両手取引と片手取引がありますが、両手取引で物件を購入してもいいのでしょうか?
区分マンションの在庫が目立つ!2018年は価格下落する?
中古マンションの在庫が増えてきているようです。2018年は物件価格は下がるのではないでしょうか?
不動産投資で家賃やキャッシュフローを貯めれないと失敗する
不動産投資では家賃やキャッシュフローを貯めれないと修繕費や空室時の広告費を払うことができなくなります。
不動産投資で崖の下や崖の上の物件を購入してもいいのか?
崖上や崖下の物件を購入するのは問題ないですが、しっかりと法律に沿って建てられているのか確認しましょう。
東京、大阪など大都市でも治安が悪いと入居付けしにくい
東京や大阪など大都市圏でも治安が悪い地域だと入居付けがしにくくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせ twitter